<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

戊子(つちのえね)歳の改まり晴天の 馬齢重ねて感慨のなく (01月01日)(祭・火)

 元日の四方拝であるが、東京は快晴のよい天候である。 4−10度C。
 7時 起床 9時 新年のご挨拶 10時 新年のご挨拶
 10時30分 年始客ご挨拶
 12時 年始客来訪 ご挨拶 17時 年始客来訪ご挨拶
 20時 タクシーで成田へ行く。 成田泊。
 2日早朝 成田から韓国のソウルへ、新大統領選出後の状況を取材に行く予定である。
 

●福田康夫首相は1日、新年にあたっての年頭所感を発表し、今年を「生活者・消費者が主役となる社会」へのスタートの年にしたいと表明した。
 
 昨年9月25日に首相指名を受けてから3カ月あまりが経過したが、新テロ対策特別措置法案の国会審議や年金記録問題など安倍前内閣からの宿題の処理に追われる日々だった。
 所感では、首相就任時から掲げていた「安全・安心」の政治に本格的に取り組みたい思いをにじませた。
 
 年金問題では「『これをやれば解決』という特効薬的な方策はない」とし、「問題の多い(現行の)制度を根本から見直し、受給者や加入者の立場に立って、これ以上ないというくらい確実な制度へと改める」と表明。
 社会保障全般について、各界が参加する国民会議で検討していくとした。
 
 環境問題では、日本が世界最先端の技術を備えていることを強調し、7月開催の主要国首脳会議(北海道洞爺湖サミット)を通じて「日本が世界の議論をリードしていきたい」と訴えた。
 
 臨時国会での成立を目指している新テロ法案には「一刻も早く、他の国々とともに世界のために汗を流す日本の姿を示したい」と、改めて成立に向けた決意を示した。
 

●謹賀新春

<カレンダーへ戻る
<前へ   次へ>