<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

克日の教育激しかいま見る 韓国人の歴史をみる目は (01月04日)(金)

 マイナス4度Cの気温 晴天が続いている。午前中 東亜日報の孫氏と国会議員の鄭民志氏 金烙典氏と会う(ロッテホテル)。 彼等は12時から財界人団体との恒例の新年会だという。
 午後は百貨店 免税店に行く。 アシアナ航空108 19時10分 仁川空港発 21時過ぎ 成田着で帰国した。
 ソウル滞在中、舞踊家の坂東三津時(内田時子)さんが今日亡くなったということを、娘の時實さんから電話で知らされた。
 

●韓国の国民1人当たりの石油消費量は、世界第5位であることが分かった。
 「原油100ドル」の時代を迎え、米紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)が3日(現地時間)、図表と共に報じたところによると、韓国の国民1人当たりの石油消費量は(06年ベース)16.18バレルで、サウジアラビア、米国、カナダ、オランダにつぐ第5位となった。
 
世界最大の産油国サウジを除かすと、アジアのトップなわけだ。サウジは32.88バレルで、米国(25.64)を抜いており、その次はカナダ24.83、オランダ22.54の順。また、台湾(16バレル)が第6位、日本(14.86)第7位、イラン(8.83)第13位、タイ(5.35)第16位、インドネシア((1.95)第19位、インド(0.87)第20位だった。
 
最近石油の消費が急増している中国(1.98)は1.98バレルで第19位に。
 国や主要大陸別に見てみると、07年ベースで米国が1日2087万バレルを消費し、不動の石油消費トップを維持している。
 欧州は1615万7000バレルで、中国が756万6000バレル、中東656万9000バレル、南米549万6000バレル、日本501万バレルの順。
 国別の消費ランキングで韓国は、人口10億人のインド(276万バレル)に似たようなレベル(223万バレル)を見せ、第9位になったという。
 

●ソウル・清渓川親水公園風景

<カレンダーへ戻る