<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

テロ法案ようやく採決し延長の 国会閉幕木枯らしの吹く (01月14日)(祭・月)

 今年最低の2度Cで東京は寒い。10時 坂井氏が来訪して懇談。
 13時 目黒氏が案件があって来訪懇談。夜は本郷陽二「ほめ言葉」を読む。
 

●北京五輪を前に急激な経済発展を続ける中国で、日本企業の中国駐在員やその家族に心の問題をかかえる人が増えているという。
 慣れない海外生活と急変する社会の流れについてゆけず、心を病むケースが多いとみられる。
 
 外務省によると、中国に住む日本人は12万5000人(平成18年10月1日現在)で、5年前に比べ倍増。
 日本語の分かる医師がいるメンタルクリニックを受診する日本人は前年より10〜20%増えている。
 
 心療内科を標榜するVISTAクリニック(北京市)は全患者の3割が日本人。
 1年前に比べ20%ほど受診者が増えており、適応障害や鬱(うつ)病(びょう)、不安神経症での受診が多いという。龍頭クリニック(同)は、全体の1割が心療内科の患者で、日本人駐在員では環境と仕事のストレスからくる鬱病や不安神経症で受診するケースが多い。
 
 昨年3月まで中国の日本大使館で医務官をしており、現在も現地で状況を調査している精神科医の勝田吉彰・近畿福祉大教授は
 「中国の駐在員には“海外生活初心者”の割合が高く、気候や風土、社会制度の違いなど慣れない海外生活が大きなストレスになっている」と指摘しているという。
 

●『小美術サロン』
 北大路 魯山人作 『大吉祥鉢』

<カレンダーへ戻る