<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

防衛省疑惑の数々絶え間なく 行く先不明の国家のまもり (02月22日)(金)

 快晴5−14度C 8時45分 トーヨーで打ち合わせ 9時20分 江戸川区役所監査委員室へ行く 架電 来電 打ち合わせ 
 13時 退庁 15時 株式会社潮流社役員会(銀座・ロイヤル・クリスタルビルBF1) 16時 カンレント懇談会 国家財政問題フォーラム(ロイヤル・クリスタルビルF9)
 丹羽春喜博士の財政再建問題解決のための講義を聞く。質疑応答。 18時過ぎに終了。
 
 19時 コンサート 渡邊一正指揮 東京フィルの「ラフマニノフ・ピアノ協奏曲3番」と「ラフマニノフ・交響曲2番」(サントリー・ホール) ピアノの小山実雅恵が実力があって好演した。 21時20分に終わってからオペラ歌手松崎乃理子さんらと懇談(ANAホテル)
 

●米大統領選で共和党の指名を確実にしているマケイン上院議員(71)が2000年の大統領選に出馬した際、女性のロビイスト(40)と親密な関係にあり、選挙戦への影響を懸念した陣営幹部が2人を引き離そうとしていたことが分かった。
 米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が20日報じた。
 
 マケイン氏、女性の双方とも恋愛関係を否定。同氏は、女性にロビー活動を依頼した電気通信関連の複数の企業に対する便宜を図ったこともないと説明しているが、マケイン氏は政治家の倫理問題に関し厳格な姿勢を表明してきただけに、今後の選挙戦の行方に悪影響を与える恐れもある。
 
 同紙によると、女性は1999年ごろ、マケイン氏の事務所に頻繁に出入りするようになった。
 2人は、フロリダ州で同年2月に行われた資金集めの夕食会に、女性の依頼主とともに出席、依頼主側の飛行機でワシントンに戻ってくるようなこともあった。
 当時の陣営関係者は「(周囲から見て)2人が恋愛関係になりつつあると懸念される」状況だったと証言。陣営幹部らがマケイン氏に女性と距離を置くよう促し、また、その後の選挙戦の過熱で2人の関係は薄れていったという。
 

●『小美術サロン』
 幻の珍味『クエ』(銀座・ろくさん亭にて)

<カレンダーへ戻る