<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

ニューヨーク知事に就任盲人の 初の黒人励ましとなる (03月17日)(月)

 すっかり東京は春めいている。13−20度C 晴れのち曇り
 8時45分 トーヨーで打ち合わせ 今日から2週間ぶりに登庁 9時 江戸川区監査委員室へ行く。うち合わせ 来客数件 架電 来電 執務
 13時 実方教育長と要談 14時 退庁 15時 下倉氏 16時 酒井氏 溝田氏と要談(区内)
 夜はキューバ関係の書類を見る。
 

●買春スキャンダルによる米ニューヨーク州知事の引責辞任を受け、同州副知事のデービッド・パターソン氏(53)=民主党=が17日、後任の知事に就任した。
 同州では初の黒人知事で、米史上でも4人目。パターソン氏は目が不自由で盲人認定を受けており、AP通信によると、盲人の知事は全米で2人目。
 
 身体に重度の障害のある知事としても、ポリオ後遺症のため車いすで執務したフランクリン・ルーズベルト・ニューヨーク州知事(後に米大統領)以来という。
 パターソン知事は同日、州都オールバニの州両院合同総会で就任宣誓を行い「われわれは先に進み、信頼を回復せねばならない」と述べ、スキャンダルで汚名にまみれた州政の名誉回復に全力を尽くすと表明した。
 パターソン氏はニューヨーク州出身で、ハーレム地区選出の州上院議員を約21年間務めた後、07年に副知事に就任した。

<カレンダーへ戻る