<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

強権の発動続きチベットの 僧侶の顔のひきつれていく (04月06日)(日)

 一日外にも出ずに、家にこもって原稿書きと校正と整理に費やす。この3日間で4つ溜まっていた案件を凡そ片付けた。
 晴れ 12−18度C 夜は野村克也「エースの品格」を読む。
 

●北京発  共同通信   インドに拠点を置く非政府組織「チベット人権民主化センター」は5日、中国四川省甘孜県で3日夜に発生した僧侶や住民らと治安部隊の衝突で、僧侶や女性など少なくとも8人が死亡したと発表した。
 一方、米政府系放送局「ラジオ自由アジア」は15人が死亡、数十人が負傷したとの目撃者情報を伝えている。
 同センターによると、当局は3日、現地のチベット仏教寺院を捜索し、チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世の写真や携帯電話を押収。僧侶2人を拘束したため、数百人の僧侶や市民が抗議デモを実施したところ、治安部隊が群衆に向けて発砲したという。
 国営新華社通信は4日、この衝突で当局者1人が重傷を負ったと伝えていた。
 

●ガソリン税の暫定課税(1リットル当たり約25円)が失効し、全国的にガソリン値下げが進みつつある中、福田康夫首相をモチーフとしたまんじゅうも、週明け7日から25−30円の“暫定値下げ”が実施されることが5日、分かった。
 原料価格の高騰で食品の値上げが相次いでいる中、ジョークや企業努力で逆境を吹っ飛ばそうとするものだ。
 
 値下げされるのは「やっくんのビンボーくじで福が来た!」のせんべい(525円)と紅白まんじゅう(630円)、アンコもちにゴマをまぶした「やっくんのねじれ餅」(630円)の3品。
 あの「純ちゃんまんじゅう」や「晋ちゃんまんじゅう」でおなじみのみやげ問屋「大藤」(東京)が販売元で、靖国神社や議員会館の売店、福田首相の地元・群馬などで売られている。
 
 7日から白字で「暫定的値下げ TaxFree」と書かれた赤いシールを張り、それぞれの消費税分、せんべいは25円、残りの2品は30円を値下げする。
 これはガソリン1リットル当たりの暫定税率分とほぼ同じ下げ幅だ。
 大藤の大久保俊男社長は「もちろん、ガソリン値下げに引っかけたジョークです。それ以上に福田首相が国会で苦しんでいるので、応援する意味を込めて、われわれも痛みを共有しようと身を削る思いで決断しました」と理由を説明する。
 
 企画会議が行われた2日には「食品の値上げ圧力がある中で、なぜ値下げなんだ」「現場が混乱する」などと、ガソリン国会で政府・与党が盛んに宣伝した「パニック論」を彷彿させる反対意見や「遊びすぎでは」との慎重論も噴出したが、大久保社長の「いままでお世話になってきた恩返しだ」というツルの一声で決定したという。
 
 4月末に暫定税率を含む租税特別措置法案の衆院での再可決が可能となるのを視野に入れ、2万個限定の「暫定的」措置とした。靖国神社や国会を皮切りにキャンペーンを始め、全国に広げていくという。
 約55万円の穴が空くが、これは小売店ではなく大藤が負担する。
 一方で、商品のテコ入れという意味合いもあるようだ。「1カ月に5000箱売れればメガヒット」と言われるまんじゅうみやげで、やっくんシリーズは3日までの半年で計約10万4000箱を売り上げた。
 ただ、「純ちゃん」の30万箱や「晋ちゃん」の51万箱、自民党の麻生太郎前幹事長をモチーフとした「太郎ちゃん」シリーズの13万6000箱にも及んでいない。
 内閣支持率の低下とともに、群馬県を中心に、商品を陳列しない小売店も出始めている。
 
 大久保社長は「小麦粉や原油価格の高騰で、弊社にも値上げの波が押し寄せるなど、状況が厳しいのは確か」としながらも、「再可決がなかった場合の追加キャンペーンは未定です」と笑う。
 福田首相はこうした明るい“援軍”を受け、政権浮揚を果たせるのだろうか?。
 

●部下の若手OLが何を考えているのか、おじさん上司にはわかりづらいもの。彼氏は? 結婚は? 仕事は? 聞きたい! でも、聞けない!! そんなあなたに格好の参考書がある。女性誌「MORE」編集部がまとめた「27歳女子の裏数字 1000人のすっぴん値」(集英社)だ。
 
 27歳を中心に20代後半の女性1000人を面接・アンケートで調査。恋愛、セックス、お金、仕事…にまつわる数字からまさに彼女たちの素顔が浮かび上がっている。
 その平均像は≪恋愛にはカタめなのに、セックスの武勇伝はあり、お金へのこだわりは徹底…仕事は地道で割り切っている。カラダには不満と不安があり、結婚式にまつわる壮大な夢は尽きず、30歳までが勝負だと思っている≫(同書から)。
 
 「まじめな人が多いMOREの読者にしては、かなり“リアルな生活”がうかがえます。プライベートと仕事のバランスをはじめ、30歳を意識してココロもカラダも“揺れている”のは確か」と話すのは、MORE編集者で、ズバリ27歳の吉田望子さん。
 気になる数字は別表の通りだが、そんな彼女たちに上司や親はどう接すればいいか−。
 
 「扱いにくいと思われがちな年代ですが、大人の女性ですから、必要以上に意識せず、自然に接してほしい。女性側も年配の男性を避けているわけではなく、尊敬もできる。構えられるのが遠ざかる原因になります」と吉田さん。部下OLや娘さんの傾向と対策に−。
 
27歳女子の裏数字は・・・
【今、おつきあいしている彼は?】
「いる」570人 「いない」430人
【不倫をしたことがありますか?】
「ある」205人 「現在不倫中」58人 「ない」737人
【セックスの経験は?】
「ある」902人 「ない」98人
【今、セックスをする相手は?】
「いる」758人 「いない」242人
【年収(手取り)はいくら?】
「300万〜350万円未満」202人
「200万〜250万円未満」198人
「250万〜300万円未満」194人他
 平均254万7400円
【貯蓄額はいくら?】
「100万〜150万円未満」186人
「50万〜100万円未満」148人
「10万〜50万円未満」136人他
 平均148万4440円
【仕事にやりがいを感じていますか?】
「たまに感じる」575人
「あまり感じない」230人
「まったく感じない」130人
「よく感じる」65人
【仕事と恋愛、どちらが大事?】
「5:5で同じくらい」440人
「7:3で恋愛」304人
「7:3で仕事」100人他
【あなたのカラダの不調はなんですか?】
 「肩こり」262人 「冷え性」218人 「腰痛」188人 「便秘」172人 「生理痛」160人
【結婚する夫の理想の職業(職種)は?】
「公務員」265人 「商社」75人 「メーカー」55人 「外資系」「医師」各45人他
【結婚する夫の年収はいくらぐらいがいい?】
「400万〜500万円未満」250人
「500万〜600万円未満」192人
「600万〜700万円未満」181人他

<カレンダーへ戻る