<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

夕張をはるかに超える債務額 国家の財政破綻は寸前 (04月19日)(土)

 暗い曇り8−14度C 午前 原稿 14時 案件があって星野氏 簗瀬氏 土谷氏と懇談(区内)
 18時 故安田明氏の通夜(小岩)
 

●財務省は18日、国の財政が財政破綻(はたん)した北海道夕張市よりもはるかに悪化した状況に置かれている、との試算を財政制度等審議会(財務相の諮問機関)に示した。
 地方自治体の財政健全度を測る指標の「実質公債費比率」を国に適用すると、04〜06年度の3年間の平均値が80.4%となり、国の財政の悪化度合いは夕張市(38.1%)の倍以上のレベルになるとしている。
 09年度の予算編成に向けて国の財政が極めて厳しいことをアピールすることで、地方自治体からの地方交付税増額要請をけん制する狙いがあるとみられる。
 
 実質公債費比率は税収など歳入に対する公債の元利金償還など借金返済の割合を示す指標。
 数値が高いほど財政状況が厳しいことを示す。「地方財政健全化法」に基づき08年度決算から全国の地方自治体に適用され、この数値が35%を超えると「財政再生団体」に指定され、新たな公債発行の制限や厳しい歳出抑制などの措置が義務付けられる。
 
 04〜06年度の平均値で実質公債費比率が35%を超えるのは、夕張市のほか長野県王滝村(42.2%)と北海道歌志内市(36.7%)で、都道府県レベルでは北海道(20.6%)が最高。
 単純に地方自治体と国を比較できないものの、実質公債費比率で見れば、国の財政の深刻さが裏付けられた。

<カレンダーへ戻る