<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

軍国の夢を創りて壮大に 戦艦大和は海藻屑に (05月25日)(日)

 朝から雨である。17−26度C 午前 午後 原稿書き
 

●東京都世田谷区で00年12月、会社員の宮沢みきおさん(当時44歳)一家4人が殺害された事件で、警視庁成城署捜査本部が、犯人の血液を詳しくDNA鑑定したところ、父は日本人を含むアジア系民族で、母方にはヨーロッパ・地中海周辺の民族がいた可能性が強まった。
 捜査本部は、遺留物などから、犯人やその近親者が海外渡航していたとみており、ICPO(国際刑事警察機構)を通じ外国捜査機関に協力を求めている。
 
 犯人は、自分が持ち込んだ柳刃包丁で宮沢さんらを刺したが、自分の手もけがをし、包丁の柄の部分にA型の血痕を残していた。
 捜査本部はDNAの塩基配列などから出身を探る鑑定を進めた。
 その結果、父親は日本、韓国、中国などのアジア系で、母方はヨーロッパの地中海北側の民族の特徴を持ち、アジア系とは明らかに異なっていた。
 
 明治時代以前には、日本や韓国、中国ではヨーロッパ系との婚姻がほとんどないことから、捜査本部は、母親か祖母の代の可能性があるとみる。
 
 しかし、中央アジアでは歴史的に欧州系民族との婚姻があり、日本でも江戸時代に交流が一部あったことなどから、曽祖母以前の婚姻もありうる。
 このため、犯人の国籍の特定は難しく、「先入観を持った捜査は、かえって犯人からそれる可能性もある」と指摘する捜査幹部もいる。
 一方、現場にあった犯人のヒップバッグからは、神奈川県三浦半島の砂や米国ネバダ州の砂漠の砂が採取され、日本には通常存在しない鉱物のモナザイトも検出された。
 
 履いていた靴は足跡から、28センチの韓国製テニスシューズ「スラセンジャー」とみられる。この大きさの靴は、日本では販売されていなかった。
 帽子、マフラー、トレーナーなどは杉並区から多摩市にかけての京王線沿線で販売されているものだった。
 現場近くで購入できるものもあり、捜査本部は「犯人は海外に関係があり、現場に土地勘のあるもの」と犯人像をみている。
 これまでに、韓国と中国に指掌紋の照会をし、欧米にも協力を求めているが、回答がない国もあるという。
 
 00年12月31日午前10時50分ごろ、宮沢みきおさん(当時44歳)方で一家4人が殺害されているのを、隣に住む義母が発見した。
 みきおさんと妻泰子さん(同41歳)、長女にいなちゃん(同8歳)の3人は刃物で刺し殺され、長男礼君(同6歳)は窒息死させられていた。
 殺害時刻は30日午後11時半前後。犯人は朝まで居座り、31日午前1時すぎと、同10時に宮沢さん宅のパソコンを使用した。
 現場に、犯人の指紋や血痕が残っており、容疑者が浮かべば解決するが、有力情報がない事件である。

<カレンダーへ戻る