<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

戦慄の連続幼児殺人の 宮崎勤に死刑執行 (06月17日)(火)

 今日も梅雨の合間の晴れ 19−26度C 8時45分
 小暮医院に定期健康診断に行く。平常どおりで異常がないということだった。
 12時 案件があって平野氏と要談(区内) 18時 江戸川区監査委員新旧委員歓送迎会(区内・小岩)
 

●毎日新聞の記事によると、
 法務省は17日、88〜89年に東京都と埼玉県で起きた連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚(45)=東京拘置所収容=ら3人の死刑を執行したと発表した。
 死刑執行は4月10日以来。鳩山邦夫法相の下での執行は4回目、計13人に上り、93年3月の執行再開以降の法相では最も多い執行数となった。
 
 80年代末の日本社会に衝撃を与えた同事件の発生から丸20年。
 宮崎死刑囚は捜査や公判で不可解な供述を繰り返し、詳しい動機や背景を語らないまま、06年2月の判決確定から2年4カ月で死刑が執行された。
 殺人罪などで起訴された宮崎死刑囚は、公判で
「夢の中でやったような感じ」
「ネズミ人間が出てきて怖くなった。もう一人の自分が急に現れて、手を出した」などと述べ、責任能力が最大の争点となった。
 
 1審での精神鑑定は(1)人格障害だが完全な責任能力がある(2)多重人格で責任能力は限定的(3)統合失調症で責任能力は限定的−−の3通りに分かれる異例の展開になったが、1、2審、上告審とも完全責任能力を認めた。
 最高裁は「殺人の主たる動機は性的欲求や、死体等を撮影して自分だけの珍しいビデオテープを持ちたいという収集欲に基づく」と指摘した。
 
 ほかに執行されたのは▽山崎義雄(73)=大阪拘置所収容▽(陸田、むつ、だ)真志(37)=東京拘置所収容=の両死刑囚。
 確定判決によると、山崎死刑囚は仲間と共謀し85年11月、仙台市の主婦(当時49歳)を絞殺し、保険金から報酬を受領。
 90年3月には主婦のおい(同48歳)を殺害した。陸田死刑囚は勤務先のSMクラブの乗っ取りを計画し、双子の兄らと共謀して95年12月、経営者の男性(当時32歳)ら2人を殺害した。
 
 作家、佐木隆三さんの話 東京地裁で宮崎死刑囚の裁判をすべて傍聴したが、謝罪の言葉が全くなく、スッとぼけていたという印象がある。
 1審で異なる3通りの精神鑑定の結果が出たが、私は宮崎死刑囚は詐病だったと思っている。
 近年でも、広島や栃木で下校途中の女の子が殺されるという似たような事件が起きたが、4人もの幼女を手にかけた残虐性は際立っている。
 
 「《宮崎勤》を探して」の著書がある評論家、芹沢俊介さんの話 「即刻恩赦を請求して下さい」という本人の手紙が昨年関係者に届いたと聞いた。
 彼は生きたかったのだろう。宮崎事件にはその後の神戸連続児童殺傷や池田小事件の原型のようなものを感じる。
 家族や社会の中で自分の存在が認められていないのは、「透明な存在」と言った神戸事件の少年や、秋葉原事件の容疑者にも通じる。時代の病理性は強まっていて、彼を死刑にしても事件が終わったことにはならない。
 
 福島章・上智大名誉教授(犯罪精神学)の話 時代の変化を象徴する事件だった。
 1人の犯罪者が社会の大きな関心や論議を呼んだ先駆けでもあり、責任能力についても法整備のきっかけになった。
 精神鑑定では統合失調症や多重人格など、さまざまな判断が出された。
 統合失調症を発病していたとしても責任能力に大きく影響を与えるものではなかったと考えるし、多重人格についても証拠に照らして無理な見方だった。
 死刑確定、執行はやむを得ないだろう。
 
 鳩山邦夫法相の下で13人目となる17日の死刑執行は、これまで抑制的に進められてきた執行の在り方が様変わりしたことを強く印象付けた。
 連続幼女誘拐殺人事件の宮崎勤死刑囚の執行という衝撃に加え、93年の死刑執行再開以降、最多の執行命令をした法相という事実も重く、執行までの期間も短縮化される傾向にある。
 
 鳩山氏は昨年12月、就任約3カ月で3人の執行を命じた。それ以降、約2カ月ごとに3人(今年2月1日)、4人(同4月10日)、3人(今回)と異例の早いペースで執行が続いている。
 近年は平均約7年かかっていた判決確定から執行までの期間も、前回の執行では3人が4年以内、今回も宮崎死刑囚の2年4カ月をはじめ3人全員が4年以内だった。
 
 刑事訴訟法の「確定から6カ月以内に執行」という規定を鳩山氏が意識しているのは間違いない。
 それは、司法の厳罰化で死刑確定者が100人を超える状況を危惧(きぐ)する法務省の意向とも重なる。
 ただ、死刑制度を巡ってはさまざまな議論がある。一部の国会議員は仮釈放のない「終身刑」導入に向けた動きをみせている。
 一方、鳩山氏は省内に「勉強会」を設置し、昨年12月には、執行された死刑囚の氏名などの公表に踏み切ったが、それ以上の議論が省内で進められている様子はない。
 市民が死刑判決を決めることもある裁判員制度のスタートを見据え、死刑制度に関する一層の議論や情報公開が求められる。
 

●東京・秋葉原で7人を無差別に殺害した加藤智大容疑者の歩んだ25年間は、どんな四半世紀だったのか。
 中学3年で「酒鬼薔薇聖斗」による神戸連続児童殺傷事件。高校3年では愛知県豊川市で私立高3年生が無関係の主婦を刺殺。
 牛刀で武装した17歳の少年は高速バスを乗っ取り、乗客を殺害した。
 少年は、ネットに犯行予告も行っていた。いずれも加藤被告と同年代による犯行だった。
 
 多感な時期、中学に進学を控えた1995年1月に死者6000人を超える阪神大震災。
 3月にはオウム真理教による「地下鉄サリン事件」が発生した。
 そして中学3年に進級した97年春、「同級生」による衝撃的な殺人事件を知る。
 児童2人が殺害され、男児の首は学校の校門に放置された。「酒鬼薔薇」名の犯行声明もあった。逮捕されたのは14歳の少年だった。
 
 当時の衝撃を、82年生まれの俳優、大坂俊介さんは
 「同じ中学3年生が計画的に人を殺すという事実に、現実感はゼロでした。
 学校で『命の大切さ』を説かれた記憶もありますが、正直、全然響かなかったと思います。大多数の同級生は命の重さや家族の大切さを理解していましたが、現実と仮想が区別できなくなった彼の感覚も少しだけ分かる気がしました」と振り返る。
 インターネット世帯利用率は当時1割にも満たず、「酒鬼薔薇」の犯行声明も定規を使った特殊文字によるものだった。
 
 高校3年の2000年5月、彼らは再び、同世代の殺人事件に連続して直面する。愛知県豊川市の主婦を自宅の玄関先でメッタ刺しにした17歳の少年は、犯行の動機を「人を殺してみたかった」と供述した。
 逮捕の翌日には、やはり17歳の少年が西鉄高速バスをジャックし、車内で1人を殺害した。
 豊川の事件に触れて「先をこされた」「早く彼のようになりたい」と記した手記を残し、「ネオむぎ茶」のハンドルネームでネットの掲示板にも犯行を予告していた。パソコンの普及率は50%を超えていた。
 
 「かれらはなぜ犯罪を犯したか」(専修大出版局)の著者、森武夫専修大名誉教授は
 「彼らは感受性が豊かな時期に、われわれ年長者も経験がないほど陰惨な事件に触れ、世間にも未来にも深い絶望を抱いた。
 特に、希薄な家族関係の中、ITの爆発的普及とともに成長したこの世代の犯罪思想は『イチかゼロ』しかない。ただでさえもろいハートが挫折したときには、暴発しか選択肢がない」と分析している。
 
 今年3月、土浦市で、サバイバルナイフと包丁で次々通行人に襲いかかり8人を死傷させた容疑者は、24歳。加藤容疑者は犯行4日前、携帯サイトに「土浦の何人か刺した奴を思い出した」と書き込んだ。
 同年代がすべて同種の犯罪を犯すわけではない。ただ、何らかの影響を与え合う可能性は否定できない。
 加藤容疑者の母は、高校進学のころから家庭内暴力を始めた息子を、
 「酒鬼薔薇と同じ年で、怖い」と口にしたこともあったという。

<カレンダーへ戻る