<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

観光の韓国女性殺される なぞの多くて真相不可解 (07月12日)(土)

 梅雨もあけたのかと思うような猛烈な暑さである。
 11時30分 案件があって三田氏 李氏 陳氏と懇談 昼食(葛飾区内) 15時 案件があって谷氏 本沢氏と要談(区内)
 18時 江戸川第九を歌う会の懇親会(船堀) 19時 興田氏 木村氏と案件があって要談(区内)
 夜は「現代作家年鑑」を見る。
 

●ソウル11日発 時事通信社   韓国統一省によると、北朝鮮の景勝地、金剛山地区で11日午前4時半ごろ、韓国人の女性観光客(53)が北朝鮮兵士に撃たれて死亡した。
 同省は北朝鮮と協力して進めている金剛山観光事業について、12日から事件の真相が究明されるまで中断すると発表した。金剛山の観光客が北朝鮮軍に殺害されたのは初めて。
 
 李明博大統領は11日の国会演説で、これまでの強硬路線のトーンを弱め、北朝鮮に対話を呼び掛けた。事前に女性殺害の通報を受けていたにもかかわらず、予定通り演説したことに疑問の声も上がっている。
 金剛山で観光事業を行っている韓国企業の現代峨山に入った北朝鮮側の説明によれば、女性は観光区域の海岸にあるホテルから1人で砂浜を散策中、進入が禁じられている軍事保護施設区域に入った。
 見張りの兵士が停止を命じ、警告射撃を繰り返したにもかかわらず、女性が逃走したため、兵士は発砲したという。
 

●二岡&モナの不倫騒動が波紋を広げている。山本モナ(32)は無期限謹慎となり、巨人軍の二岡智宏(32)も1軍昇格が先送りされた。
 二岡はカメラの前で謝罪したものの、モナは公の席での釈明はなし。
 発覚直後に1枚の釈明文を出したが、その内容はキャスター、大人の女性といういずれの立場からも釈然としないものだった。
 
 かつて真田広之との不倫が発覚した葉月里緒菜は「私が家庭を壊したんじゃない。つきあい始めたときには家庭は壊れていた」と言い放ち、“魔性の女”と批判された。
 杉田かおるが酔って業界人をラブホテルに連れ込んだ際には、集まったリポーターらを爆笑させて、独自の負け犬キャラの評価を固めたこともあった。モナの場合はどうか。
 ≪バーで一緒だった二岡さんの知人の方達も一緒に移動するものと思っていましたので、とても戸惑いました≫
 1人で誘われたことへの意外性を訴える文面で、あくまで受け身だったことをにじませている。
 
 「危機管理の立場から見ると最悪」と厳しく指摘するのは、企業の危機管理などを指導するリスクヘッジ社長の田中辰巳氏。
 「最大の問題点は、報道系番組のキャスターという自分の立場を全く理解できていないこと。彼女の言い分を100%信用しても、既婚者とラブホテルに入るという行動は軽率の一言」と話す。
 ≪勢いでキスを迫られたりもしましたし…≫
 ≪二岡さんに何度もホテルで飲みなおそうと言われ、お断りしましたが、路上で揉めるのも目立つと思いやむなく入りました≫
 
 二岡の主導を強調するあまり、相手への配慮が欠けているが、田中氏は「彼女にこう言われて、二岡の家族はどんな思いをするのか? 最大の被害者は二岡の家族。そこに思いをはせられない、人の心の痛みに気が回らない人間だと、自分で世間に暴露しているようなもの」と語った。
 さらに、「こんなレターを出させた事務所の危機管理もひどい。
 ミートホープも船場吉兆も飛騨牛の丸明も、みんな責任を人に押しつけて大失敗をした。二岡の責任を問うのは、問題の企業と同じ」と批判した。
 
 モナと民主党議員との“前科”を分析したこともあるという国際パフォーマンス研究所代表の佐藤綾子氏も、問題点は「二岡にすべて責任転嫁をして、自分は被害者の立場になろうとしていること」とみる。
 佐藤氏は「女性が途中で『ここで絶対に降ります』といえば、日本のタクシーならば降ろしてもくれる。今回の釈明は、自分の責任を人に押しつける卑劣きわまりない内容。こんなレターなら出さない方がよかった」という。
 
 ≪(ホテルで)本当にお酒を飲んだだけで、他には何もなかったと天に誓って申し上げます≫
 モナが大阪の朝日放送の新人アナだった時代から仕事をし、旧知の仲ともいえる芸能リポーターの井上公造氏は
 「彼女はホントにウソがつけない人なんで、自分としてはラブホで何もなかったという話は信じている。
 でも、今はもう何かがあったとか、なかったが問題ではない。何を釈明しても他人はそうは思わないことを分かって欲しかった」と唇をかんだ。
 
 ただ、別の見方もある。「謝罪の技術」(ダイヤモンド社)の著書がある、目白大学人間社会学部の渋谷昌三教授は「ラブホテルの室内の出来事は、何人たりとも確かめようがない。完全なる密室の事象であり、真実はどうであれ、ファンやマスコミに対する釈明としては正解」とみる。
 「彼女は、マスコミや世間の興味の核心がそこ(=ラブホ内の出来事)にあることを十分理解したうえで、『天に誓って何もない』と言い切っている。
 まったく同じセリフを二岡本人から聞かされているであろう夫人としても、彼女にこう答えてもらわない限り救われようがない」とし、「仮にウソだったとしても、 “天への誓い”なら極めて曖昧で、“神への誓い”に比べても良心に逃げ道がある」と解説している。

<カレンダーへ戻る