<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

灼熱の全力投球絶叫の ソフトボールの上野に笑顔 (08月22日)(金)

 秋のような爽やかな風である。8時35分 トーヨーで打ち合わせ。 9時 区へ 架電 来電 来客
 10時 監査意見書についての協議 13時 退庁 13時30分 境氏 紺野氏と案件があって協議(区内)
 16時 星野氏 喜多川氏と案件があって協議(葛飾区内) 18時 木之本会の夕食会(墨田区内) 夜は田中淳「中国人が近い」を読む。
 

●イチロー“張本も射程内”…日本記録更新へ「50」本とスポーツマスコミが報じている。
シカゴ発 時事通信  マリナーズのイチロー外野手は20日のホワイトソックス戦に1番右翼で出場し、3打数3安打で、16度目の猛打賞を記録。
 打率を今季最高の.312に上げ、8年連続200安打へ、あと34本とした。
 
 また日米通算安打を3036本とし、張本勲氏の持つ日本記録3085本の更新まであと50本。
しかしマリナーズは3−15と今季最多失点で敗れ、3度目の6連敗。城島健司捕手は出場しなかった。
 5回、イチローの打球は二塁左へ。二塁手が素早く送球したが、ワンバウンドを一塁手が捕れず、判定は安打となった。
 「判定は気にならなかったよ。一塁が落としたら安打だから。ワンバウンドしてるから」とイチローは自信を持っていたが、前日19日は1度は安打と判定されながら、一塁の失策に変更されており、しっかり借りを返した形だ。
 
 7回にも遊撃前への弱い打球で、楽々内野安打。これで張本氏の日本記録へ残り36試合で49本。今季中の到達が現実的なものとなってきた。
 イチローは「そももそ非現実的だとは、ずっと思ってないけど。(近づいたかは)そんな感じではないけどね」としっかり3085という数字を見据えている。
 
 また、この時点で、安打数がレッドソックスのペドロイアと並び、166本でリーグ暫定トップに立った。
「安打の数は一番がいいなと思ってる。とりあえず上にいたら、そこを目指すよね。上にいる人間は意識しますよ」とイチローは、あくまでどん欲だった。
メジャーには最多安打のタイトルはないが、昨年まで2年連続、4度1位になっており、この座も譲れない。
 
 マリナーズはここ10試合1勝9敗で、史上初の年俸総額1億ドル(約110億円)以上払っての100敗に向かってまっしぐらだが、その間のイチローは19安打で打率.380と孤軍奮闘している。
 「まぁ敵がいるからね、いっぱい。内側にね。どうしようもないよね。だからこそ結果を出したいという気持ちもある。あぁ、またかみたいな感じではあるけど。こいつら弱すぎるなと」そのハンデを乗り越え、すべての記録を打ち立てるつもりでいる。
 

●北京発 共同通信
 G.G.佐藤はちんちん佐藤だった!!得点力不足の星野ジャパンにあって、貴重な長距離砲が、G.G.佐藤(西武=30)。
 「ジー、ジー、ジージーサトー!」。G.G.佐藤が打席に入ると、日本応援団が声をそろえてコールする。
 しかし、それに対する地元の中国人、とりわけ女性の反応が明らかに変なのだ。
 現地スタッフに聞いてみると、「こんなこと、中国人の前で言ったり、書いたりしないでくださいよ」と小声で真相を明かしてくれた。
 
 「実は、北京を含む長江以北の地域で使われている俗語で『ジージ』というのが、そのつまり…。『ちんちん』の意味なのです。『鶏鶏』と表記します」
 G.G.佐藤自身に罪はないが、スタンドから「ちんちん!」「ちんちん!」の大合唱が起こっているとすれば、中国人がぎょっとするのも当然か。
 辞書にも載っている言葉では同じ意味の「鶏巴(ジーパ)」という語があり、これが転じたものらしい。
 もし、佐藤の打席を実況したら大変なことになる。
 
 「ちんちん打った、ちんちん大きい、ちんちん入るか、ちんちん入ったー!」
 「おっとちんちん飛び出している! ちんちん挟まれた! これは痛い」
 もちろん、こうした“空耳現象”はどこでも起こり得る。
 1960年ローマ五輪ではボクシング・バンタム級の芳賀勝男選手が、イタリアっ子たちに同様の物議をかもした。というのもイタリア語の「カッツォ」は直訳すると「おちんちん」。
 体育館に「カッツォ! カッツォ!」の大声援が起こったとされる。
 
 あくまでも「金」を目指す星野ジャパン。すでにいいタマはそろっている。あとは“ちんちん佐藤”の打棒爆発で悲願成就といきたいところだが、今日午前中が韓国戦である…。

<カレンダーへ戻る