<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

惨敗で日本の恥とののしられ 星野のプライド如何に回復 (08月26日)(火)

 雨ときどき激しくなるが、秋雨のようである。19−24度C
 6時 起床 8時30分 トーヨーで打ち合せ 9時 区へ 打ち合わせ 架電 来電 執務 13時 退庁 18時 江戸川区福祉ボランティア協議会役員会と運営委員会(GP) 19時 案件があって喜多川氏 野村氏と懇談(区内)
 

●北京発 共同通信   北京五輪日本選手団の福田富昭団長は24日、北京市内で総括会見し、プロ選手をそろえながらメダルを逃した野球やサッカー男子などの団体球技について
 「強い選手を五輪直前に集めてちょっと練習すれば勝てるなんて甘いものではない。1年以上前から五輪チームを組織し、合宿をして連帯感を持たないと勝てない」と批判した。
 
 また、野球とマラソンが選手村に滞在しなかったことに、福田団長は「選手は原則的に選手村に入らなければ駄目。競技団体が特別扱いしている。
 大いに問題がある」と述べた。マラソンで男女1人ずつ欠場者が出て補欠も出場できなかったことには
 「北京に入ってから(故障者の)情報を聞いた。補欠の手続きも間に合わない」と日本陸連の情報伝達に苦言を呈した。
 
 大会を通じ金9、銀6、銅10でメダル総数25個となった成績について、同団長は「選手たちは一生懸命戦ってくれた」と一定の評価。
 「金2けた、総数30個以上」という目標達成はならなかったが、競泳男子平泳ぎで2大会連続2冠を獲得した北島康介(日本コカ・コーラ)や初優勝したソフトボールなどの活躍をたたえた。
 

●モスクワ発 時事通信  
 「撤退完了宣言」後もロシア軍の一部駐留が続くグルジアで24日、中部ゴリ近郊で石油を輸送していた鉄道貨車が爆発した。
 ロイター通信などによると、現地の警察当局は地雷に触れた可能性があると説明した。
 ロシア軍が撤退前に地雷を敷設したとの情報があり、新たな対立の種になりそうだ。
 一方、黒海沿岸のグルジア西部バトゥーミに人道支援物資を積んだ初の米海軍のミサイル駆逐艦1隻が同日到着した。
 
 貨車の爆発が起きたのはゴリ西方約5キロの地点。現地テレビには赤い炎と黒煙をあげて燃える様子が映し出された。
 貨車が積んでいた石油はアゼルバイジャン産で黒海沿岸の輸出港であるポチやバトゥーミに輸送される予定だった。
 米露の代理紛争の様相が明らかになってきた。
 

●太田誠一農相の政治団体「太田誠一代議士を育てる会」が05、06年の2年間、当時政策秘書だった農相秘書官の自宅(東京都目黒区)を事務所として届け出て、事務所費など計2345万円の経常経費を計上していたことが分かった。 太田事務所は「活動の主たる担当者である秘書官の自宅を事務所とした」と説明するが、家賃を払っていないことや専用スペースがないことを認めており、経費計上のあり方が問われそうだ。
 
 東京都選挙管理委員会に提出された政治資金収支報告書によると、育てる会は05年に1045万円、06年に1300万円の経常経費を計上した。
 内訳は▽事務所費が304万円(05年)、247万円(06年)
 ▽人件費が331万円(05年)、674万円(06年) ▽備品・消耗品費が409万円(05年)、378万円(06年)だった。
 
 しかし、収支報告書に記載された同会の「主たる事務所」の住所地には、中里浩・農相秘書官の自宅があり、事務所の表札や専用の郵便受けはない。
 報告書には、事務担当者として中里秘書官の氏名と、議員会館の事務所の電話番号が記されていた。
 太田事務所は取材に対し、
 「(秘書官宅の)特定の区画を事務所の専用スペースとして使用していないので、家賃は発生していない」として、事務所費に家賃を含まないとしたうえで、主なものを「通信費など」とした。備品・消耗品費の主なものは「事務用品の購入費やガソリン代」としている。
 
 一方、2年間で1005万円を計上した人件費については「会の政治活動に要した人件費」と説明したが、関係者によると、同会は専任の事務職員は雇っていないという。
 政治家の事務所費問題を巡っては、松岡利勝元農相が家賃不要の議員会館に資金管理団体の事務所を置き、多額の事務所費や光熱水費を計上していたことを追及され、明確な説明をしないまま昨年5月に自殺。
 後任の赤城徳彦元農相も実家を事務所として多額の経常経費を計上し、昨年8月、辞任に追い込まれている。
 昨年12月に成立した改正政治資金規正法は09年1月以降、国会議員の関連政治団体については、経常経費(人件費)も含めて全支出に領収書の添付・公開を義務付けている。
 

●ワシントン発 産経新聞   
 共和党の大統領候補に指名が確実なマケイン上院議員の妻、シンディ夫人が25日、南オセチア自治州をめぐる紛争でロシアが軍事侵攻したグルジアへの訪問に出発した。複数の米メディアが報じた。
 
 マケイン氏が同日、カリフォルニア州サクラメントでの資金調達担当者との会合で明らかにした。
 夫人は世界食糧機関(WFP)に同行し、サーカシビリ大統領と会談するほか、グルジア軍の負傷兵士らも慰問する予定という。
 
 シンディ夫人は出発前に応じた米誌タイム(電子版)とのインタビューで、紛争勃発(ぼつぱつ)直後からグルジア入りを模索してきたとし、「地雷が深刻な問題になっている」と語った。
 夫人は今年、慈善活動の一環でベトナム、カンボジア、コソボなどを訪問している。
 
 マケイン氏はロシアの侵攻を当初から強く批判し、安全保障通をアピールしてきた。
 グルジアへの夫人“派遣”のニュースは、民主党全国大会の初日で大統領候補に指名されるオバマ上院議員の妻、ミッシェル夫人が演説する日に流れた。
 

●『中国ネチズン、野球・韓日戦で日本を応援』と韓国の中央日報が報道している。
 中央日報の報道によると、『韓国は‘北東アジアの除け者’』ということだ。
 
海外ネチズンの目に映る韓国、韓国人はどんな姿か。世界最初のインターネット掲示板専門翻訳サイトを標ぼうする「ゲソムンドットコム」からこの点を解いてみた。
  危険水位を越えた中国・日本・台湾ネチズンの嫌韓・反韓感情の実体と書き込みから、韓中日ネチズンの性向も比較した。
 
「寿司はキムチよりおいしい。 決勝戦でキムチを見るのは嫌だ。 寿司が勝ってほしい!」
 「棒子(韓国人を意味する中国ネチズンの隠語)を殺してしまえ!」
 「韓国が逆転してはいけない。 日本、ファイト!」
  北京オリンピック(五輪)韓日野球の準決勝戦が行われた22日。
 韓国関連ニュースに対する世界各国ネチズンの書き込みをハングルに翻訳してサービスしているインターネットサイト「ゲソムンドットコム」(www.gesomoon.com、以下ゲソムン)には、こういうコメントが続々と載せられた。
 
中国の最大インターネット検索サイト「バイドゥドットコム」(baidu.com)野球フォーラムに書き込まれた内容を翻訳したものだった。
  中国の他のサイトに見られるネチズンの反応もほとんど同じだった。
  野球だけでなく、韓中日が対戦した五輪の各種競技で、韓国は中国と日本の‘公敵’だった。 少なくともサイバー空間上ではそうだった。
 
「ゲソムン」を運営しているアン・ジンホン代表(37)は「昨年まで中国人の反韓感情はここまでひどくなかった」とし「年初からひどくなり、五輪期間中はその程度がピークに達した」と話した。
  このサイトが開設されたのは05年9月。 「外国人が韓国をどのように見ているか知ろう」という趣旨だった。
 
アン代表ら英語・中国語・日本語に堪能な5人のゲソムン運営者らは、各国の主要サイトを随時モニタリングしながら韓国関連の書き込みを探して翻訳している。
  韓国に友好的なコメントもないわけではないが、中国の主要コミュニティに最近載せられるコメントの90%以上は  「韓国人は破廉恥な民族であり、中国が打倒すべき対象」と表現している。
 
中国ネチズンは韓国人を‘高麗棒子’と呼ぶ。 その語源は明確でない。
  はっきりとしているのは中国人が韓国人を侮蔑する表現である点だ。 こうした現実をどのように理解すべきか。
 アン代表は「ネチズンの書き込みは気にする必要がないと考えるだろうが、中国内の各種サイトをモニタリングするとその程度があまりにも深刻だ」と語った。
  アン代表は「歴史的に自国の属国に値すると考えてきた韓国の速い経済成長に対する嫉妬心があり、一方では中国人の根深い被害意識のために表れている反応のようだ」と分析している。
 
最近、中国経済が目覚ましい成長をとげ、国家の位相が高まりながら民族主義が強調される雰囲気で、インターネットの主要利用者の八零後(1980年代以降生まれの若者)は日本よりも韓国に対して強い反感を抱いている。
  端午・中医学・渾天儀など中国の伝統文化と考えるものがむしろ韓国でよく保存されているのを見て、自国の大切な文化遺産を韓国が奪ったと感じている。
 
「ゲソムン」を通じて中国・日本・台湾3国のネチズンに‘はさみ撃ち’を受ける韓国ネチズンは露骨な非難で対抗している。
  書き込み戦争が加熱し、一日の接続者は8万人を超える。
 一部のネチズンは「反韓感情が露骨に込められた書き込みを翻訳して見せているゲソムンドットコムのため韓中日3国のネチズンの感情がますます悪化している」とし「ゲソムンドットコムは戦地でありゴミ捨て場」と話している。
 
アン代表は
 「ゲソムンが見せる現象だけを見ればそのような側面を否認することはできないが、海外の人々が韓国を嫌って悪口を言っているのは厳然たる現実」とし
 「それに対して‘目には目を、歯には歯を’式にやり返すのではなく、なぜそれほど嫌っているのか一度ぐらいは真剣に悩んでみる必要がある」と語った。
インターネットがオフラインにまで大きな影響力を及ぼす最近、嫌韓論を静める方法はあるのだろうか。

<カレンダーへ戻る