<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

黒人の大統領の登場に 沸き立つ興奮未来きびしき (11月04日)(火)

 快晴だが非常に風が強い。 8時30分 トーヨーで打ち合わせ 8時50分 区へ行く。 江戸川区役所のお客様専用の一階の駐車場に8年以上前から常に止っているベンツがある。 聞いたら外部の人の車だということだった。 8年ぶりに疑問が解決した。話というものは何でも聞いて見るものだと思った次第である。
 11-23度C 9時45分 区の監査委員室へ行く 打ち合わせ 架電 来電。
 9時30分 教育委員会江戸川区立葛西小学校から監査が始まる。 11時40分 帰庁。
 
 13時 実方教育長が来訪 13時15分 失礼して小生は退庁 このため松本小学校の監査はお休みにした。
 13時30分 株式会社みどりの役員会(区内)に出る。 中座して14時30分 案件があって吉中氏と要談(区内)
 15時 インフルエンザの予防注射を受けに近所のクリニックへ行ったが、受付嬢が「直ぐに注射しますよ」と言ったが30分近くも待たされたので、小生は仕方なく「明日来ます」と言って失礼をした。
 車を運転して16時 月刊「カレント」の編集委員会(有楽町・成城クラブ)へ行った。榊原 横山 矢野 岩井氏 小生。
 18時30分に中座して 帰宅した。 19時30分 案件があって李偕世氏 両角氏と懇談 夕食(葛飾区内)
 21時 案件があって野中氏 西村氏と懇談(区内)
 

●globeや華原朋美、安室奈美恵らの楽曲をプロデュースし、1990年代の音楽界を席巻した音楽プロデューサー、小室哲哉(49)が個人投資家から5億円をだまし取った疑いが強まり、大阪地検特捜部は4日、詐欺容疑で逮捕した。
 CDの総売り上げ1億7000万枚、100億円を稼ぎ出したといわれた栄華から男を転落させたのは計180億円を霧消したともされる壮大な浪費癖だった。
 
 手掛けた曲は95−98年まで4年連続で日本レコード大賞を受賞。
 96年だけでCDを1500万枚以上売り、一時はCD売上高400億円を超えた。
 96、97年度の年収は20億円台に上り、高額納税者番付で連続全国4位となった。
 過去20年間の番付を元に、あるテレビ番組が試算した生涯収入は96億6000万円で芸能界トップだった。
 「日本の音楽史上最も稼いだ男」の異名を得た。
 
 金遣いの荒さも半端でなかった。豪邸を構えた米ロサンゼルスに行くとき、片道だけで2000万円かけ、ファーストクラスを全席貸し切った。
 移動には自家用飛行機を多用していた時期もある。
 ロスのほか、ハワイにも豪邸やスタジオ、クルーザーを所有し、自宅前には、2億5000万円のフェラーリやポルシェ、ベンツなど高級外車がズラリと並んだ。
 
 母校、早稲田実業学校(東京・国分寺市)にも約10億円をポンと寄付。
 同校には2001年、広さ600平方メートルの「小室哲哉記念ホール」が建てられ、小室の金の手形が飾られた。同年、創立100周年の記念歌「ワセダ輝く」の作曲も手掛けた。
 
 その一方で、アジア進出の野望をきっかけに栄光に陰りが差し始める。
 98年に香港の会社と共同で音楽関連企業「ロジャム」を設立したが、海賊版の横行もあって同社は業績が伸び悩んで経営が悪化。
 香港で上場した株価も大暴落し、70億円もの損失を出したとされる。
 消えた生涯収入100億円、負債を75億円以上と勘案すると、浪費の総額は180億円に上るとみられる。
 
 「時代の移り変わりを読めず、放蕩(ほうとう)生活から抜け出せなかったのだろう」。
 小室の最盛期を知る芸能関係者はこう振り返る。「世間が求める音楽とズレができ、人気にも陰りが出始めた」とも。
 01年に結婚、02年に離婚した歌手、吉田麻美(33)への7億円もの慰謝料が重くのしかかるようになる。
 麻美は「小室が毎月支払うことで合意しているマンションの賃貸料、娘の養育費の支払いが昨年8月から滞っている」と週刊誌に告白。
 現在の夫人のKEIKO(36)が大分出身なことから買って出たサッカーJ1大分トリニータのスポンサー料7000万円も05年9月には滞納していたことも発覚した。
 
 いまだに1−2億円の印税収入があっても巨額の負債の前に焼け石に水。
 「浪費癖が直らないから借金は膨らむばかり」(関係者)だった。
 別の音楽関係者によると、「自身の音楽原版権をたたき売っている」というウワサが流れるようになったという。
 
 ここ数年は栄華の象徴だった海外の別荘、愛車のベンツ、スタジオ機材などを二束三文で切り売りしたり、知人らに数千万円の借金を頼み込むなど、金策に走るその場しのぎの生活を送るほかないまでに転落していた。
 「小室氏の借金と生活の困窮ぶりは見ていて明らか。いつか金銭絡みの事件を起こすのではないかと思っていた…」。音楽関係者はこう語ったと言う。

<カレンダーへ戻る