<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

不景気の荒波高し年の瀬に 区役所の窓必死の形相 (11月25日)(火)

 冷雨の一日である。8時45分 小暮医院へ行き定期検査を受けた。
 11時 阿仁屋氏と案件があって要談(区内) 13時 堀川氏 佐方氏と案件があって要談(葛飾区内)
 15時 宇田川氏 大村氏 保坂氏と案件があって要談(区内)
 17時 木田氏 逢坂氏と案件があって要談(墨田区内)
 18時45分 映画『レッドクリフ』を見る。西暦208年 後漢時代、曹操、劉備、孔明、孫権、周瑜などの英雄が登場する、三国志の壮大で有名な赤壁の闘いの物語である。
(日劇PLEX) 終了後帰宅した。
 

●警視庁と埼玉県警が小泉毅容疑者宅の家宅捜索で預金通帳を押収、残高が数千円だったことが25日までに、捜査関係者の話で分かった。
 また、22日に警視庁本部に出頭した際の所持金は、約8万8000円だった。
 小泉容疑者は10年前から住んでいるさいたま市北区のアパートの家賃を滞納したことがなく、警視庁と県警はどのように収入を得ていたのか調べている。
 
 これまでの調べでは、小泉容疑者は1998年8月に入居。
 月額6万2000円の家賃や更新料を滞納したことはなく、ミニバイクも所有していた。
 警視庁に出頭した際や、17日から19日にかけてはそれぞれレンタカーを借りていた。
 アパートの管理会社によると、小泉容疑者は入居契約書の職業欄に「自営業」と記入していたが、同社は具体的な仕事を把握していないということだ。

<カレンダーへ戻る