<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

大納会怒涛の今年の荒れ相場 四二%下落でおわる (12月30日)(火)

 晴れ8−11度C 年末の身辺整備日となる。 午後 外出 架電 来電  夜 「日韓交流スクランブル」を読む 「短歌年鑑」 「美術年鑑」数冊を見る。
 

●夜逃げを手助けする「夜逃げ屋」。荷物をトラックに詰めて短時間で居所を移し、後の仕事まで面倒を見てくれる。
 最近、不況に苦しむ経営者らが、ヤミ金融業者からの高圧的な取り立てから逃れるために、利用する場合が増え、大忙しという。
 
  大阪市内のある「夜逃げ屋」の事務所では最近、朝からひっきりなしに依頼の電話がかかっている。関東にも事務所を持ち、例年、年間約100件ほどの夜逃げを手がける。今年は秋口にその数を超えたという。
 
 社長(35)によると、秋の1件は、9月の「リーマン・ショック」の記憶が新しいある日の午前に決行された。男性スタッフ3人が2トントラックをマンションに横付けした。下見は終わっていて、持って行く荷物は決めてある。「夜逃げ」だが、音が響く夜には絶対にやらないという。
 
 荷物を丁寧に段ボール箱に入れている時間はない。債権者が暴力団であることも多く、見つかったら危ない目に巻き込まれるかもしれない。服をごみ袋に入れて緩衝材代わりにしながら、家財道具を裸のままどんどん積み込んだ。
 所要時間は長くて2時間。普通の引っ越し業者の半分から3分の1の短時間で済ませる。
 
 あらかじめ懇意の家主に手配しておいた部屋に荷物を運びこんだ。
 墓の横などの立地だったり、日当たりが良くなかったりするように条件が悪い物件を格安で貸してくれる。
 社長によると、こうした「夜逃げ」に現在約40人が順番待ちをしているという。
 今秋、不況の根深さを実感した出来事があった。本来、高圧的な取り立てをする側のヤミ金業者が、さらに怖い取り立てを恐れて夜逃げしたのだ。
 
 その業者には運送業の借り手が多かった。ガソリン高でコストが上がり、不況で受注件数が激減。
 業績悪化が急速に進んだ。そのため次々と貸し倒れが生まれてしまい、ヤミ金業者そのものの資金繰りが行き詰まった。残った債務は暴力団からの数億円。脅迫まがいの激しい取り立てを受け、相談してきたという

<カレンダーへ戻る