<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

かわいそうとメディアはつねに感傷的 表層のみをなぞりて堕落す (03月12日)(木)

 快晴のち曇り 6−14度C 9時 案件があって星野氏と懇談(区内)
 11時 三津家氏と案件があって要談(区内) 13時  大島氏 木田氏と案件があって要談(区内) 
18時 國際政経懇話会(千代田区内)懇親会。 恵隆之介「海の武士道」を読む。
 

●北朝鮮に拉致された田口八重子さん(行方不明時22歳)について、金賢姫(キムヒョンヒ)元死刑囚が
 「85年1月に海外実習から帰ると、(田口さんは)横田めぐみさん、同僚の女性工作員、金淑姫(キムスクヒ)の3人で暮らしていたと聞いた。この時期に田口さんが結婚していた事実はない」と証言していたことがわかった。
 北朝鮮は、田口さんは84年10月に拉致被害者の原敕晁(ただあき)さんと結婚したと説明しており、証言と矛盾する。
 
 田口さんの兄飯塚繁雄さん(70)と金元死刑囚に面会した田口さんの長男飯塚耕一郎さん(32)が明らかにした。
 耕一郎さんによると、金元死刑囚は金淑姫工作員から「84年末まで招待所で3人一緒に生活した。電気事情が悪く、寒いので服を何枚も重ね着していた」などと聞いたことを明らかにした。
 
金元死刑囚はこのほか「北朝鮮は86年ごろから1人暮らしの拉致被害者を徐々に結婚させていた」「(自分が)招待所にいた87年1〜10月の間に、拉致された日本人が死亡したとは聞いていない」などと話したという。

<カレンダーへ戻る