<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

自民党市長選の三連敗 支持率急落さらに窮地に (06月16日)(火)

 4時頃に目覚めて気がついたら7時30分だった。
曇り 20−26度C 9時 トーヨー 9時35分 区へ
 13時30分 江戸川区文化会第一回理事会(GP)
 18時 江戸川区美術会委員会(GP)19時 上野和彦都議の都政報告会で挨拶(東部フレンドホール) 夜は太宰治全集の2を読む。
 

●郵便制度悪用事件で大阪地検特捜部は15日午前、東京・霞が関の厚生労働省と、同省雇用均等・児童家庭局長の村木厚子容疑者(53)=虚偽有印公文書作成・同行使容疑で逮捕=の埼玉県和光市の自宅マンションを家宅捜索した。
 同省への捜索は2度目。同事件では、民主党議員の名前も浮上しており、民主党は「第2の西松事件に発展するのでは」と警戒している。
 
 村木容疑者は、同省障害保健福祉部企画課長だった2004年6月、障害者団体「凛(りん)の会」(現・白山会)が、割引制度の適用条件を満たしていないのに、部下の同課係長、上村勉容疑者(39)に企画課長の公印を押した虚偽の証明書を作成させた疑いが持たれている。
 
 捜査関係者によると、村木容疑者の上司だった当時の障害保健福祉部長(57)は、虚偽の証明書発行について、任意聴取に「04年2月ごろ、国会議員から電話で頼まれた」と証言しており、特捜部は「政治案件」として組織的に便宜が図られていたとみて経緯を調べる。
 特捜部はまた、「凛の会」代表の倉沢邦夫(73)=郵便法違反罪で起訴=、同会発起人の河野克史(68)両容疑者を同容疑で再逮捕した。
 
 関係者によると、上村容疑者はこれまでの調べに証明書の偽造を認めたうえで、「村木容疑者に手渡した」といい、虚偽の証明書を郵便事業会社(日本郵便)に提出した倉沢容疑者も「村木容疑者から証明書を受け取った」と供述している。
 村木容疑者は「全く知らない」と否認しているという。
 倉沢容疑者は、かつて民主党の石井一副代表の私設秘書を務めていたうえ、白山会会長側は同党の牧義夫衆院議員側に24万円を献金していた。
 
 このため、民主党幹部は「民主党議員が関係者として実名で報道されているのは知っている。常識的には、特捜部も総選挙前には(政界ルートに)動かないだろう。
 ただ、西松事件の前科がある。ここまで内閣支持率が下落すると、政権維持のために禁じ手に踏み込む可能性もゼロとはいえないかもしれない」と警戒しているという。
 

●郵便制度悪用事件に関連して大阪地検特捜部に逮捕された村木厚子容疑者(53)は、厚労省で4人目の女性の局長。森山真弓元法相から連なる旧労働省系のやり手女性官僚として、厚労省内では「将来の次官候補」とも言われていた。
 
 村木容疑者は国家公務員のキャリアとしては珍しい高知大卒。在学中に高知県庁と国家公務員試験に合格した。
 公務員を目指した理由について、村木容疑者はある講演で「当時、大卒の女性が活躍するには公務員になるしかなかった」と振り返っている。
 
 ところが「高知県庁では『女性は庶務しかできない』といわれた」ため、1978年に労働省に入った。
 同省では女性の労働環境整備に当たる旧婦人局(現雇用均等・児童家庭局)畑を歩み、育児休業制度などが整っていないころから子育てと仕事を両立させた「ワーキングマザー」としても有名だったという。
 
 2001年の省庁再編で厚労省が誕生した後の03年8月、同省障害保健福祉部企画課長に。障害者自立支援法の制定作業の中心となり、連日のように国会議員への説明に追われた。
 都内の障害者団体の男性理事は「仕事熱心だが、手段を選ばないところがあった」と明かす。
 この団体は法案に一貫して反対していたが、同課が与党への説明用に作ったチラシでは「賛成団体」にされていたという。
 男性は「村木さんからは『名前を載せる』としか説明されなかった。
 偽造とは言えないが、だまし討ちだ」と憤り、「普段は柔和だが怖い一面もあった」と話す。
 
 村木容疑者の夫は同じ厚労省のキャリア官僚で、省内では「出世頭の夫を“利用”して自分も出世した世渡り上手」との評もある。
 また、「高知ではかなりの有名人」(関係者)で、選挙が近づくたび、名前が浮上し、出馬を要請されこともあったという。
 

●ワシントン15日 時事通信
 米国家情報長官室は15日、北朝鮮が5月25日に実施した核実験について声明を出し、「爆発規模はおよそ数キロトンだった」との分析を公表した。
 06年の核実験の爆発規模はTNT火薬1キロトン未満と推定されており、前回を上回る威力だったことが確認された。
 爆発の威力は、北朝鮮の核技術の進展を計るものとして注目されていた。
 声明は「米情報当局は、北朝鮮が恐らく、咸鏡北道豊渓里付近で地下核実験を実施したと分析している」と明らかにした上で、「分析を継続する」と説明している。

<カレンダーへ戻る