<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

要請に東国原知事自民 総裁ならば引き受けますと (06月25日)(木)

 東国原宮崎県知事へ古賀自民党国委員長が衆議院選出馬要請したことで大騒ぎになっている。
 曇り 20−29度C 8時30分 トーヨーで打ち合わせ 8時45分区へ
 9時30分 案件があって星野氏が来訪要談 10時 江戸川区例月出納検査 監査委員協議会 
 区内視察
 

●大阪府の橋下徹知事は24日夜、東京都内で横浜市の中田宏市長らと会談し、地方分権の推進を目指す自治体首長らによる政治グループを結成する方針を決めた。
 次期衆院選で各政党が政権公約(マニフェスト)で示す地方分権政策を見極め、政党支持を表明する考えだ。
 
 会談には、ほかに中村時広・松山市長、露木順一・神奈川県開成町長が参加した。橋下知事は会談後の25日未明、読売新聞の取材に対し、新グループについて「全国知事会や全国市長会といった既存の枠組みを超えた政治運動にしたい」と述べた。現時点で全国約20人の首長が賛同している、という。
 橋下知事は「応援した政党が負ければ国からの予算配分はひどいことになる。(知事を)辞める覚悟を持って取り組む」と語った。
 

●愛知県豊田市のホテルフォレスタで指されていた第67期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の第7局は24日午後7時31分、羽生善治名人(38)が挑戦者の郷田真隆九段(38)を81手までで下し、シリーズ成績4勝3敗で名人位を防衛した。通算6期目。
 羽生名人は中盤から積極的に攻め続け、名人挑戦2度目の郷田九段を寄せ付けなかった。
 
 第4局まで2勝2敗の五分の争い。先手有利と言われる名人戦で互いに後手番が勝つという異例の展開をたどったが、後手番だった秋田での第5局は完敗し、永世名人の資格を得て初の防衛に黄信号がともった。
 ただカド番に追い込まれてからが違った。第6局で快勝してタイに持ち込むと、第7局では郷田挑戦者の構想を早々に打ち砕き、名人位を死守した。
 
 羽生名人は埼玉県所沢市生まれ。89年、19歳で初タイトルの竜王位を獲得し、96年に史上初の七冠王。07年には最速最年少で千勝達成。現在、名人、棋聖、王座、王将の四冠。昨年得た永世名人のほかに永世棋聖、永世王位、名誉王座、永世棋王、永世王将の永世称号を持つ。

<カレンダーへ戻る