<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

投票率上がりて野党追い風の 自民は崩壊行くては厳しく  (07月13日)(月)

 一夜明けて東京都議会議員選挙は民主党の圧勝、自民党の惨敗でおわった。
 猛烈な暑さである。24−33度C 曇り 8時30分
 トーヨーで打ち合わせ 8時50分 区へ 9時30分
 教育委員会の決算監査 實方区教育長の説明 原野推進課長の説明 質疑
 12時15分 小林氏が案件があって来訪要談 13時15分 文化共育部の決算監査 山崎部長の説明 石塚文化課長らの説明と質疑
 15時30分 案件があってトーヨーで要談 17時 案件があって三上氏 多島氏 須田氏と要談
 夜は 阪井吉雄「江戸時代の街並」を読む。
 

●東京都議会議員選挙(江戸川区選挙区) 開票率 100%
 
得票順 当・落 候補者氏名 党派名 得票数
1 当 田の上 いくこ 民主党 63,840
2 当 上野 和彦 公明党 52,067
3 当 笹本 ひさし 民主党 50,570
4 当 宇田川 さとし 自由民主党 38,650
5 当 たじま 和明 自由民主党 33,020
6 河野 ゆりえ 日本共産党 30,448
7 かもはら 宏史 幸福実現党 1,856
投票者総数 273,443
有効投票総数 270,451
無効投票総数 2,990
不受理票数 0
不足票数 2
 

●首都決戦から解散総選挙へ−−。東京都議選の民主圧勝、自民惨敗から一夜明けた13日、麻生首相の衆院解散決断というニュースが駆けめぐった。
 
 自民党の国会議員の間では「大逆風」「戦えない」という悲鳴も漏れ、政権交代への「足がかり」を得て波に乗る民主党の議員や立候補予定者らは「慢心が怖い」としながらも、総選挙を見据えて朝から活発に動きだした。
 
 「8月30日投開票」が浮上した13日午後、官邸で政府与党連絡会議に出席した閣僚や与党幹部らは100人以上の報道陣にもみくちゃにされた。舛添要一厚生労働相はみけんにしわを寄せ、報道陣の問いかけを振り切るように車に乗った。
 
 麻生首相と面会した島村宜伸衆院議員は、「21日の週に解散」と述べた上で、「総理は非常に冷静です」。佐藤勉総務相は、解散に踏み切る真意を問われると、「それは法案を通すっていうことでしょう」と笑みを浮かべてみせた。
 
 解散決定の一報に、民主の衆院選立候補予定者らは色めき立った。東京13区から出馬予定の新人の平山泰朗さん(37)は、「ぶれまくっていた麻生さんが最後に筋を通してくれた。ありがたい」と皮肉交じりに歓迎。「民主党にいい流れになっており、いよいよやるぞという気持ちだ」と話した。
 
 鳩山由紀夫代表はこの日朝、グレーのスーツにストライプのネクタイ姿で党本部に登場。笑みはまったく浮かべず、報道陣に「気が緩むと一気にやられてしまう。勝って兜(かぶと)の緒をしめねば」と厳しい表情を貫いた。
 
 一方、自民議員らからは不満や怒りの声もあがった。平沢勝栄衆院議員は「事実上の任期満了選挙で、解散権を行使するとはいえない。麻生首相は昨秋から決断するチャンスをことごとく逃してきた」とタイミングの悪さを批判した。
 
 東京18区で菅直人・民主党代表代行と対決することになる土屋正忠衆院議員は、「待っていたという感じ。自民党に逆風が吹こうが吹くまいが、政権政党としてこれまでやってきた経済対策や郵政民営化などの実績を有権者に訴えるだけだ。審判を楽しみにしている」と強気を見せた。
 
 都議選で大敗した自民党の都議からも、怒りの声が上がった。ある都議は「国民は自分の1票で政治が大きく変わることを知った。もっと強い逆風が吹き、自民は壊滅的な敗北を喫するだろう。首相に解散戦略があったのかどうか、今となっては疑問だ。自民は最悪の選択をした」と憤った。

<カレンダーへ戻る