<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

天体の不可思議なるさだめ空暗く 皆既日食トカラの島で (07月22日)(水)

 46年ぶりの沖縄トカラ列島は皆既日食だという。
 8時30分 トーヨーで打ち合わせ 8時45分 区へ
 打ち合わせ 執務 11時12分頃東京も部分日蝕 
 11時30分 坂東氏来訪して懇談   12時 退庁 14時 (株)潮流社役員 株主総会 16時 終了して解散 小雨曇り。
 18時 政経研究会(墨田区内) 夜は神谷説子「世界の裁判官」を読む。
 

●中国地方の豪雨災害で、山口県防府市の特別養護老人ホーム「ライフケア高砂」の被災現場で22日午後、新たに女性1人、男性1人が遺体で見つかった。死者は山口、鳥取両県で9人となった。
 
 また、同県岩国市で70歳代男性が21日午後に自宅を出たまま家に帰らず、行方不明となっていることが分かった。
 

●月が太陽を完全に覆い隠す皆既日食が22日、鹿児島・トカラ列島や奄美大島北部などで起きた。日本の陸地で見られるのは1963年7月21日の北海道以来、46年ぶり。国立天文台は硫黄島(東京)で皆既日食の観測に成功。北硫黄島沖の船からも皆既の直前、直後にダイヤモンドリングなどが見えた。
 
 一方、多くの天文ファンが訪れたトカラ列島の悪石島や奄美大島の観測場所では、雨や雲のため黒い太陽を見ることはできなかった。
 悪石島では午前10時53分すぎに皆既になったが、その直前に風雨が強まり、悪石島小中学校では「竜巻の可能性がある」と、ツアーを主催した近畿日本ツーリストが避難を呼び掛けたほどだった。
 
 部分日食も国内各地で起き、国立天文台によると、太陽が最も深く欠ける割合を示す「最大食分」は札幌51%、仙台66%、東京75%、名古屋79%、大阪82%、福岡90%だった。
 
 次回の日本での皆既日食は26年後の2035年9月、北陸や北関東で観測される。2012年には九州南部や四国、関東などで、月の周りにはみ出した太陽がリング状に輝く金環日食が起きる。
 

●世紀の天文絵巻の推移に一喜一憂する声がこだました。日本の陸上では46年ぶりとなる皆既日食が起きた22日午前。
 鹿児島県・トカラ列島など皆既日食帯はあいにくの天候の所が多く、観測者たちは祈るように天空を見上げた。関東甲信越でも天気がぐずつき気味だったが、一部の地域では雲間から部分日食が観測できた。
 人工衛星を通じた中継映像を提供する施設にも多くのファンが詰めかけた。
 
 6分25秒の皆既日食が観測できると注目された鹿児島県トカラ列島(十島村)の悪石島では22日朝から雨模様、人口の5倍を超す計394人が天候の回復を待ったが「黒い太陽」は姿を見せなかった。だが、皆既日食の「暗さ」は体感でき、観測者から驚きの声が上がった。
 
 観測ツアー客218人が集まったのは、悪石島小中学校のグラウンド。
 5度目の観測という「日食ハンター」、山崎四明さん(76)=横浜市旭区=は「きっと晴れてくれるはず」と願い、望遠鏡を構えた。レジャーシートの上で観測用の「日食グラス」を構えた人など、それぞれのスタイルで「世紀の瞬間」を待った。
 小中学校の児童・生徒9人や島民らは学校の中庭で観測した。全世界と感動を共有しようと、村と鹿児島大学が用意したネット中継用の天体望遠鏡を囲み、空を見上げた。
 
 午前10時53分16秒。皆既が始まり、まばゆいダイヤモンドリングが見られるはずだったが、雨は土砂降りに。雲の間から一瞬でも「黒い太陽」を、とみんなが願ったが、かなわなかった。
 だが、グラウンドは漆黒の「闇」に包まれた。足元すら分からないほどの暗さだ。観測歴が多い「日食ハンター」によると、晴天の皆既中の空は満月程度の明るさ。今回の悪石島は厚い雲に覆われた分、かつてないほどの暗さになったらしい。
 
 やがて南西の空から明るくなり「昼」が戻った。土砂降りの雨の中で体験した「天体ショー」に、体育館に避難した観測者らから拍手と大歓声がわいた。 
 同村などによるとトカラ列島7島にはツアー客676人が来島。島を出て進学した人など215人も帰省、ツアーのスタッフを含めるとこの日の7島の人口は1776人に。島民622人(6月末現在)の約3倍が空を見上げた。
 
 東京都江東区の「日本科学未来館」では、国立天文台の硫黄島観測隊が撮影する皆既日食の映像を人工衛星を使って中継した。会場は無料開放され、家族連れなど2000人以上が詰めかけた。
 午前11時ごろ、220インチの大型スクリーンに硫黄島の太陽の映像が映し出され、子どもたちは食い入るように見つめた。弟3人と訪れた葛飾区の小学5年、川嶋蓮太君(11)は「東京は曇りだったけど硫黄島は天気でよかった。きれいだった」と興奮した様子。江東区の小学3年、島田粋ちゃん(8)は「あんなに光るなんてびっくり。もっと続いてほしかった」と笑顔をみせた。
 
 西東京市の多摩六都科学館では、使用済みテレホンカードを使い、太陽の変化を観察するイベントがあった。参加した子どもたちがカードのパンチ穴に通した光を白い紙に当てると、三日月状の光が映し出された。国分寺市の小学4年、永吉陽輝君(10)は「見えた、見えた。太陽が欠けているのが分かる」と声を弾ませた。
 
 明け方は雨模様だった都心でも午前11時過ぎ、分厚い雲の切れ目から三日月状の太陽が何度も姿を見せた。千代田区のビル屋上では集まった会社員から歓声や拍手が上がり、40代の女性は「この天気ではだめだと思ったけれど、あきらめず見に来てよかった」と感激していた。
 
 ◇「奇跡みたい」
 【寧波・鈴木玲子】3億人が皆既日食帯に住むといわれる中国。寧波市慈城の高速道路のサービスエリア駐車場には、皆既日食を求めて天文ファン400人以上が集まった。
 午前8時23分(日本時間同9時23分)ごろ、太陽が欠け始めると歓声が上がった。雲が時折太陽を隠す中、人々はひたすら見上げた。
 
 浙江省南部の台州から友人家族と7人で車できたという王慧華さん(41)は「子供に見せたいと思って」。今朝は午前3時に出発したという。息子の中学1年、朱威達さん(14)は「すごい。奇跡みたいだ」と空を見上げた。
 9時36分(同10時36分)、皆既日食。太陽の光が消え、辺りは暗くなり、少し涼しく感じられた。
 

●麻生太郎首相は21日、衆院を解散、8月30日総選挙の火ぶたが切られた。
 東京都議選の惨敗など、自民党の劣勢が伝えられるが、注目の勝敗はどうなるのか。政治評論家の小林吉弥氏による政党別獲得議席予測では、自民党が130議席を失う大惨敗を喫する一方、鳩山由紀夫代表率いる民主党は単独過半数(241議席)どころか、安定多数(252議席)も突破。自民党支配に終止符を打ち、悲願の政権交代を果たす勢いだという。
 
 「自民党は都議選大敗後、狼狽して党内混乱に拍車をかけた。当初、首相は選挙総括もせずに解散宣言し、落選危機の議員らは『麻生降ろし』に走り、古賀誠選対委員長は敵前逃亡した。
 まさに末期的症状。有権者も愛想を尽かした。『民主党に一度やらせよう』という声は日増しに高まっている」
 
 小林氏はこう語る。政党別の獲得議席予測は、これまでの分析に、都議選後の情勢調査や最新の選挙区事情などを加え、小林氏が割り出した。
 まず、前回の郵政総選挙で大勝した自民党は解散前勢力303議席だが、小林氏は「小選挙区109、比例区61の170議席」とみる。133議席減という壊滅的打撃だ。
 
 「都議選大敗は、東京のベッドタウンである神奈川や埼玉、千葉の接戦区にかなり影響する。自民党が圧勝した郵政総選挙後、経済格差は広がり、地方や中小企業は疲弊し、社会保障制度は悪化した。
 怒りを抱えた有権者は『今度は自分たちが1票を行使する』と待ち構えている」
 

 「首相は経済政策を打ち上げて命脈をつないできたが、もはや反転攻勢の材料はない。人材も枯渇している。『反麻生』勢力は、党のマニフェスト(政権公約)とは別に、独自のマニフェストをつくるというが、小手先過ぎる。公明党も自分の選挙に精いっぱいで、自公の選挙協力の度合いは落ちる」
 
 太田昭宏代表率いる公明党は現在31議席だが、小林氏は「小選挙区6、比例区20の26議席」と分析する。
 「与党への逆風は厳しいが、公明党は窮地に立たされると結束する。都議選でも、自民党は惨敗したが、公明党は全員当選を果たした。狼狽する自民党とは違う。選挙後、自民党との距離を置くだろう」
 与党陣営は、自民党と公明党、改革クラブ、与党系無所属を合わせても196議席で、完全に政権を手放すことになりそうだ。
 
 衆院選「攻防ライン」(クリックで拡大) 一方、民主党は現在112議席だが、小林氏は「小選挙区173、比例区83の256議席」と予測。過半数どころか、すべての委員会で委員の半数を確保する安定多数を確保するという。
 「政権交代への不安を、自民党の敵失が吹き飛ばしている。小沢一郎前代表から鳩山氏への代表交代のタイミングは良かった。鳩山氏の『故人献金』問題も、都議選結果を見る限り、大きく響いてはいない」
 
 「自民党は必死に攻撃しているが、自分のことを棚に上げて、“恋敵”の悪口ばかりを言うような男に似ている。これは嫌われる。明治維新も薩長の躍進だけでなく、徳川幕府が自滅した面も大きい。完全に潮目は変わった」
 このほか、共産党は現在9議席だが「小選挙区0、比例区9の9議席」。社民党は現在7議席で現状維持。国民新党は現在5議席だが「4議席」。新党大地と新党日本は1議席とゼロだが「1議席」ずつ。野党系無所属で「6議席」と予測する。
 
 さて、09年後半の永田町はどうなるのか? 小林氏はいう。
 「民主党政権成功のカギはスタートダッシュ。政権発足後3カ月以内に一定の成果を挙げないと、支持率はまたたく間に下落する。人事の配置や官僚掌握など、鳩山氏の手腕が問われる。一方、自民党は予算を武器に権力を握ってきただけに、民主党に2回予算を通されたら終わり。四分五裂する。二度と政権奪還はないだろう」
 

●「20万人にのぼる政治犯がトウモロコシと塩で延命し、栄養不足で歯が抜け、歯茎が黒くなっている。骨が弱まって背骨が曲がっている人もいる」
  ワシントンポスト(WP)紙が20日(現地時間)に報道した北朝鮮の政治犯管理所の実態だ。 WPはインターネット地図提供サービス「グーグルアース」による精密写真分析のほか、大韓弁護士協会が出した北朝鮮人権白書、脱北者のインタビューに基づいて収容所の位置・運営状況を詳細に伝えた。
  米カレントテレビ所属の女性記者2人が北朝鮮で逮捕され、労働教化12年刑の宣告を受けたことで高まっている米国社会の関心が反映された。
 
北朝鮮政治犯は栄養失調で死亡するまで、一日平均12−15時間の肉体労働に苦しめられるが、一着の服以外にはいかなる生活備品も提供されないと同紙は伝えた。
  政治犯管理所は完璧に統制されている区域だ。 これは、服役者は入所してから死亡するまで労役刑を受けることを意味している、と同紙は伝えた。
 
以下はWPの報道の要約。
衛星写真を判読した結果によると、咸境南道燿徳(ハムギョンナムド・ヨドク)の15号管理所は、海抜500メートルを超える山岳地域に巨大な規模で建てられている。 管理所は電気が流れる金網と監視塔で囲まれ、脱出は難しい。
管理所の指示に従わない服役者は拷問で死亡することもあり、同僚が見守るなかで公開処刑されたりもする。 ソ連の強制収用所「グラーグ」より2倍も長い北朝鮮の収容所で数十万人が死亡していると推定される。 しかし北朝鮮は収容所の存在自体を否認している。
 
14カ所あった収容所は5カ所の大規模収容所に統合された。
  第22号労働収容所(会寧収容所)区域は長さ50キロ、幅40キロで、米ロサンゼルス市よりも大きい。 ここには5万人余りが収容されている。 服役者が自殺した場合、親せきに連座制が適用され、長期懲役刑が下される。 脱北者は、日常的に矯導官の暴力・性暴力が発生している、と伝える。
  しかしこうした地獄のような現実は外部世界にほとんど知られていない。 北朝鮮が徹底的に隠しているうえ、その実像に関心を持って活動する人も少ないからだ。 米国の対北朝鮮人権活動家スーザン・ショルティ・ディフェンスフォーラム代表は「チベット人にはダライラマという象徴的な人物と映画俳優リチャード・ギアが、ミャンマー人にはアウンサン・スーチー女史が、スーダン・ダルフール地域の人たちにはミア・ファロー(米国人女優)とハリウッド俳優ジョージ・クルーニーがいるが、北朝鮮人に関心を持っている有名人はいない」と話した。
 
米国と北朝鮮の交渉テーブルでは収容所問題について全く議論されていない。 米ブッシュ政権当時、国務省韓国課長を歴任したデビッド・ストラウブ氏は
 「北朝鮮と収容所について議論するのは不可能だ。 この問題を含めれば彼らは激しく怒り出すだろう」と語った。 韓国政府も北朝鮮の‘グラーグ’と関連した公開的な発言を避けてきた。

<カレンダーへ戻る