<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

感無量いずれ終りの来る人生 野村克也と共にいとしむ (10月25日)(日)

 小雨で肌寒い 14−18度C
 11時 江戸川区茶華道大会(TH船堀)多田区長と同席懇談 13時30分
 江戸川区川柳大会(総合文化センター) 15時 案件があって戸島氏 大舘氏と要談 17時 成田日航ホテルへ宿泊
 

●ニューヨーク発 時事通信
 訪米中の北朝鮮の6カ国協議次席代表、李根外務省米州局長は24日、ニューヨークの米国連代表部で米首席代表のソン・キム特使と会談、6カ国協議の再開問題などを協議した。李局長は米国滞在中、米国側と複数回接触する見通し。
 
 昨年12月の6カ国協議以降、米朝はニューヨークの外交チャンネルを通じ接触していたが、高官レベルでの直接協議はオバマ政権発足後初めてである。
 李局長は約1時間の会談後、記者団に対し、「お互いの関心事について議論した」と言明。
 一方の米国務省は声明を出し、「非核化と6カ国協議についてのわれわれの立場を伝えた」と明らかにした。双方は米国のボズワース北朝鮮政策担当特別代表の訪朝を視野に、両国の立場を確認し合ったとみられる。 
 

●プロ野球クライマックスシリーズ(CS)のパ・リーグ第2ステージ第4戦が24日、札幌ドームで行われ、楽天が3敗目を喫して敗退した。
 今季限りで退任する野村克也監督(74)にとっては最後の試合となった。
 
 日本ハムに4−9で敗れた楽天は試合後、全員が右翼側のグラウンドで観客席のファンに向かい整列。
 日本ハム側からも梨田昌孝監督、ヤクルト時代に師事した吉井理人投手コーチが野村監督に歩み寄り、抱き合って慰労。
 その後、やはりヤクルトでまな弟子だった稲葉篤紀外野手らも交じり、この日戦った両チームが一緒になって胴上げした。
 
 野村監督は「感無量。プロ野球界に(育てた)人を残し、少しは貢献できたかなという心境」と喜び、
 「本当にありがたい。敵地で声援をもらえて」と感謝した。
 野村監督は南海、ヤクルト、阪神の監督を歴任。社会人野球のシダックス監督を経て2006年から4年間、楽天の監督を務めた。
 徐々に力を付け、「考える野球」を浸透。契約を1年延長した今季は下位低迷から脱却し、リーグ2位に躍進させ、初のCS進出に導いた。
 
 今季77勝66敗1分けの好成績で、監督通算1565勝1563敗76分けと勝ち越した。
 楽天では256勝302敗10分け(成績はいずれもレギュラーシーズン)だった。

<カレンダーへ戻る