<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

宙にうく法的整理日航の 再建如何に乗客不安に (12月30日)(水)

 いよいよ晦日である。5−13度C 朝 お飾り お供え餅を飾る。 午前中 来客 午後 整理整頓 外出
 夜 懇談会
 

●民主党の小沢一郎幹事長は29日夜、東京都内で開いた与党3党の幹事長・国対委員長の忘年会で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題について「(同県宮古島市の)下地島に使っていない空港がある」と述べ、現行計画に基づく米軍キャンプ・シュワブ沿岸部(同県名護市辺野古)に代わる移設先として、下地島を検討すべきだとの認識を示した。
 
 小沢氏は会合で、社民党の重野安正幹事長に対し、普天間飛行場の移設先について「あなたのところ(社民党)は、沖縄県だったら全部駄目なのか」と質問。
 重野氏が米グアム移設案を重ねて主張したところ、小沢氏が下地島案に言及したという。
 小沢氏は「きれいな海を埋め立てるのは駄目だ」とも語り、現行案での決着に否定的な考えを示した。
 
 下地島は沖縄本島と台湾のほぼ中間にある。3000メートルの滑走路を持つ下地島空港(79年7月開港)があるが、現在定期便はなく、航空会社がパイロットの離着陸訓練などに利用してきた。
 普天間飛行場の移設先として浮上したこともあり、北沢俊美防衛相は10月、井上源三地方協力局長を派遣し、沖縄県の伊江島などとともに視察させていた。
 
 忘年会には、民主党から小沢氏のほか、山岡賢次国対委員長、社民党からは重野氏と辻元清美副国土交通相、国民新党から自見庄三郎幹事長と下地幹郎政調会長がそれぞれ出席した。
 小沢氏は席上、来夏の参院選後も3党連立体制を続ける意向を示したという。
 

●小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる政治資金収支報告書虚偽記載問題で、同会が2004年10月29日午前に土地を購入してから数時間の間に、小沢氏関連の3つの政治団体から同会の口座に計1億8千数百万円が振り込まれていたことが、関係者への取材で分かった。
 同会はこの資金移動後の同日午後に組んだ4億円の定期預金を担保に同額の融資を受けていた。
 
 陸山会の口座には10月28日までの数週間に、数千万円単位の現金が繰り返し入金されており、入金総額は3億8千数百万円に上った。
 この資金について、元秘書で同会の事務担当者だった石川知裕衆院議員=民主党、北海道11区=が東京地検特捜部の事情聴取に、同会の口座に入金したことを認め、「小沢幹事長からの貸付金だった」と話していることも、関係者への取材で分かった。
 
 陸山会の収支報告書には計約5億7千万円について記載がなく、特捜部は政治資金規正法違反(不記載)にあたる可能性もあるとみて調べている。
 複雑な資金の出し入れについて特捜部は、土地購入の原資が小沢氏からの貸付金など簿外資金だったことのつじつま合わせだったとみている。
 
 関係者によると、陸山会は04年10月29日午前、東京都世田谷区深沢の土地約476平方メートルの購入代金約3億4千万円を都内の銀行から不動産会社に送金。
 この後、「小沢一郎政経研究会」など3団体から数千万円単位の資金計1億8千数百万円の振り込みを受け、同日午後に同じ銀行で4億円の定期預金を組み、これを担保に同額の融資を受けた。
 
 特捜部は、現金入金分が土地購入代金に充てられ、政治団体から振り込まれた資金と収支報告書に記載のない陸山会の資金を合わせて4億円の定期預金を組んだとみているもようだ。小沢氏の事務所はこれまで、土地購入代金は銀行融資を充てたと説明していた。
 石川氏は報道陣に「やましいところはない」と話している。小沢氏の事務所は取材に、29日までに回答を寄せていない。
 

●ワシントン発 時事通信
 オバマ米大統領は29日、クリスマスに発生した米機爆破テロ未遂に関して声明を発表、アブドルムタラブ容疑者と過激主義のつながりが事前に米当局に通報されながら、米機への搭乗を防げなかったことについて、「人為・組織的なミスがあった」と述べ、当局の責任を認めた。
 オバマ大統領は、27日に指示した安全対策の見直しの過程で「深刻な懸念」を呼ぶ事実が明らかになったと説明。
 容疑者の父親が米当局に提供した息子の過激思想の情報は、情報機関の一部にしか伝わらず、飛行機への搭乗禁止リストに名前を掲載するに至らなかったと説明した。
 
 その上で、「大惨事になった可能性もある今回の安全侵害行為を許した人為的・組織的ミスがあったのは明らか」と言明。2001年の同時テロ以降に構築されたテロ情報収集システムの改善が必要だと指摘するとともに、航空安全対策の欠陥を速やかに修正すると約束した。
 
 一方、政府高官は記者団に対し、25日の事件発生前、アブドルムタラブ容疑者の計画やクリスマス休暇中のテロ攻撃の可能性について断片的ながら米当局が情報を得ていたと語った。
 これらの情報を総合して分析していれば、今回の事件を未然に防げた可能性もあったという。

<カレンダーへ戻る