<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

政権の交代百日迷走の 鳩山気まぐれ首相とし越す (12月31日)(木)

 大晦日である。曇り 3−9度C 風もあって冷たい大晦日になった。
 9時30分 橘家円蔵師匠と半蔵師匠が来訪し、年末のご挨拶と「木曾の生そば」を頂戴した。 今年は恒例の円蔵一門の忘年会を行なわなかった。残念ながら新春の一門のご年賀の会合も行なわないそうである。 
 午前中 自分ひとりで今年のニュースの新聞の切り抜きをしたが、電話、来客など他に忙しく動いていたために、午後になってから気がつくと、せっかくの切抜きをゴミと一緒に燃やしてしまったらしい。 仕方なく新聞販売店に電話して、残りの在庫がもう一枚ないか確かめるはめになってしまった。
 
 11時 李氏が来訪年末のご挨拶 12時 岡井氏が来訪年末のご挨拶 13時 道場氏から頂き物のおせちが届いた。 14時 新小岩の肉店に行ったが、小さな店だが年末は大変に混んでいた。15時 木村氏 中屋氏 大見氏が来訪。 本牧氏からおせちが届いた。 17時 境氏 森氏が来訪、年末のご挨拶。 17時30分 水上氏が来訪年末のご挨拶 18時 島村氏が来訪されて年末のご挨拶。 夜は 食事会と「第九」と除夜の鐘を聴く。
 

●気象庁は31日、1月1日にかけて西日本の日本海側や東日本、北日本で暴風や猛ふぶき、高波のおそれがあるとして、厳重な警戒を呼びかけた。
 
 気象庁によると、日本海北部から北東へ進んでいる低気圧が急速に発達、北海道付近で停滞する見込み。陸上で最大18〜20メートル、海上で最大20〜25メートルの非常に強い風が吹くと予想される。
 北日本の日本海側から山陰の沿岸では、波の高さが6〜7メートルの大しけとなるという。
 
 また東日本と西日本の日本海側、北日本では1日にかけて大雪となり、中国地方の瀬戸内側や東海地方では平野部でも雪が積もる見込みだという。
 大雪や路面凍結による交通障害、なだれなどへの警戒を呼びかけた。
 

●ミサワホームの創業者・三沢千代治氏(71)と、実質経営する企業が東京国税局の税務調査を受け、都内の廃棄物処理会社の株式売却益を巡り、計約8億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。
 株の売却益について、赤字会社で申告して納税を免れたと指摘されたという。重加算税を含む追徴税額は3億数千万円といい、三沢氏と同社は既に修正申告に応じたとみられる。
 
 所得隠しを指摘されたのは、三沢氏個人と都内の建築資材販売会社「平成管財」(東京都新宿区)。
 三沢氏らの説明などによると、三沢氏がオーナーを務める資産保有会社「三沢」(東京都新宿区)が2002年、渋谷区の廃棄物処理会社の株式約5万株を約3000万円で取得し、04年、平成管財に同額で転売。その後、05年に同株を平成管財から買い戻し、06年、廃棄物処理会社の関連会社に約10億円で転売した。
 
 東京国税局で調べたところ、三沢は大幅な赤字会社だったため、株の売却益を申告したものの、法人税は納めなかった。
 三沢、平成管財とも三沢氏が支配しており、東京国税局は株の売却益に対する納税を免れるために、赤字会社で株の売却益を申告したなどと指摘したという。
 三沢氏は本紙の取材に対し、「事情があって、平成管財に株の名義を移しただけで、実質的に三沢の取引。所得隠しに当たらない」などと話しているという。
 

●北朝鮮が、来年1月1日から国内での外貨の使用を禁止すると発表した。経済統制を強める狙いがあるとみられる。
 中国国営・新華社によると、北朝鮮の人民保安省は、来年1月1日から国内でドルやユーロなどの外貨の使用を禁止する布告を発表した。
 すべての企業や個人の外貨使用を禁止し、外国人に対しても所持する外貨を通貨のウォンに交換して使用するよう求めている。
 布告では「厳格な貨幣の流通システムを作り、違反者は厳しく処罰する」としている。
 北朝鮮は11月30日に通貨の切り下げを実施しており、今回の措置も経済統制強化の一環ではないかとみられる。
 

●大阪の繁華街・ミナミのガールズバーで男性店長(23)が殴られ重傷を負った事件。
 府警南署は27日、傷害容疑で漫才コンビ、メッセンジャーの黒田有容疑者(39)ら2人を送検した。
 同容疑者は容疑を否認しているが、店側は「黒田容疑者にも殴られた」と話すなど依然、食い違いを見せたまま。同行の中には親しい女性もいたといい、同署では詳しい経緯について調べを進めている。
 
 「ガールズバーで4人25万円は確かに高い。だが、店では『ドンペリを4、5本あけた』と話し、容疑者側の『ハイボール中心だった』『店の女性のドリンク要求もほとんど拒否した』とかなり食い違う。
 ただ、暴行でけが人が出たのは事実」とは捜査関係者。
 
 通常「ぼったくり」をイメージさせる店には背後に“その筋”の姿があると目されがちだが、地元関係者は「もしそうなら、簡単に警察には通報しないはず。表沙汰にしないで(所属する)吉本興業に話を持っていくだろう」と話す。
 また、同行の中には黒田容疑者と親密な資産家夫人もいたといい、「何らかの事情が伏線としてあった可能性もある」とも。
 
 調べに対し、黒田容疑者は、同じく送検された友人で会社役員の樋口勝紀容疑者(40)の暴行を「止めに入っただけ」と容疑を否認。
 樋口容疑者も「私1人がやった」と供述しているが、店側は「(黒田容疑者が)請求書を見て激高し、店長に灰皿を投げ髪をつかんでけるなど、20分ほど暴れた」と証言。「暴行は主に黒田容疑者で、(同行した)3人が止めていた」と話す関係者もおり、言い分は平行線。
 
 このため、さらに事情を聴く必要があり、黒田容疑者は最長で来年1月5日まで留置場で過ごすことになりそう。在阪放送局では出演番組の中止が相次ぎ、「年末年始の差し替えは特に痛い」と嘆かせている。
 

●2009年のスポーツ界。まずはワールド・ベースボール・クラシック(WBC)2連覇で日本中が沸いた。巨人の原監督率いる侍ジャパンは3月23日、大会5度目の韓国との対決となる決勝戦で、不振だったイチロー(マリナーズ)が3−3の延長10回2死二、三塁で中前へ2点適時打を放ち、宿敵を退けた。
 松坂大輔(レッドソックス)が2大会連続MVPに。決勝戦の平均視聴率は36.4%(関東地区、ビデオリサーチ調べ)を記録した。
 
 6月にはフランスW杯以来の指揮を執った岡田武史監督率いる日本代表が同6日の敵地での最終予選ウズベキスタン戦に勝ち、グループ2位以内を確定。世界の予選突破一番乗り。
 
 9月13日にはイチローが、敵地でのレンジャーズ戦で大リーグ史上初の9年連続200安打を達成、108年ぶりに大リーグ記録を更新した。
 WBC疲労による胃潰瘍のため開幕からDL入りして出遅れたが、復帰後に張本勲氏が持つプロ野球記録の3085安打を日米通算で上回り、9月6日には日本選手初のメジャー通算2000安打を記録した。
 
 甲子園を沸かせ、メジャー挑戦か国内か進路が注目された花巻東の155キロ左腕、菊池雄星。
 「20年に1人の逸材」とあって日米が争奪戦。最後は日本のプロ入りを決め、10月29日のドラフト会議では6球団が1位指名で競合し、西武入り。
 
 11月、ヤンキースの松井秀喜が入団7年目で悲願の世界一に。
 同4日、3勝2敗と王手をかけたヤンキースは本拠地でフィリーズに7−3で勝ち、9年ぶり27度目の優勝。同試合4打数3安打6打点と活躍した松井がMVPに輝いた。
 
 11月7日、巨人がセ・リーグ3連覇と7年ぶりの日本シリーズ制覇を達成した。3連覇となると、リーグでは巨人が1965年から73年まで達成した9連覇以来。
 
 12月には18歳の石川遼が史上最年少賞金王に。石川は同年のMVPなど9冠を達成。海外では石川が憧れるタイガー・ウッズに不倫スキャンダルが走り、無期限欠場を宣言した。
 
▼スポーツ
 
*侍ジャパンWBC2連覇達成(3月)・イチロー決めた! 侍ジャパン、韓国破りWBC連覇 ・やっぱりイチローかよ…韓国死闘に決着!MVPは松坂。     
 
*岡田ジャパンW杯出場決定(6月)
     ・EXILEが岡田J応援ソング サッカー人気回復に奥の手に。
 
*イチロー大リーグ史上初9年連続200安打(9月)・内野安打でキメた! イチロー9年連続200安打達成・「解放されました…」イチロー、キーラー超えにホッとした。
・新ニックネームは“ヘラクレス” イチロー新記録達成で
 
*菊池雄星、ドラフト会議で6球団競合(10月)・花巻東・菊池は西武! 6球団が1位指名・西武は夢への超特急 菊池“最もメジャーに近い球団”入り。
 
*ヤンキース27度目の世界一、松井MVP(11月)・先制2ラン&6打点で松井MVP ヤンキース世界一・松井NY優勝パレード! MVPコールにゴジラも興奮
 
*巨人7年ぶり日本一(11月) ・正力賞の“適材適賞” 満場一致で原が2度目の受賞
 
*18歳石川遼、史上初の10代賞金王(12月) ・18歳石川選手が最優秀賞 史上最多9部門で受賞
 
《番外》ウッズ・スキャンダル(12月)

<カレンダーへ戻る