<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

氷雨降る朝鮮会館騒しく いつものごとく街宣車の声 (02月15日)(月)

 暗い曇りである。4−7度C 8時30分 トーヨーで打ち合わせ 8時45分 区へ 打ち合わせ 13時 
 案件があって小林氏が来訪要談 18時 朝鮮総連の新年祝賀会(朝鮮会館)  終了してから佐々木氏 竹内氏と懇談。 朝鮮会館では誰かに雨傘を間違えて持っていかれた。 夜は武田麟太郎「銀座八丁」を読む。
 

●人気時代劇「必殺仕事人」「必殺仕業人」の題字を書いた書家の糸見溪南(いとみ・けいなん、本名・友宏)さん(78)が11日深夜、大阪府泉佐野市の自宅近くの路上で男に襲われた。
 後頭部や顔面を棒のようなもので殴られ、転倒しながらも、持っていた傘で反撃して追い払った。
 大阪府警泉佐野署は、強盗致傷事件として男の行方を追っているという。
 
 泉佐野署によると、糸見さんは大阪市内で会合を終え、11日午後11時20分ごろ、JR東佐野駅から徒歩で帰宅途中だった。
 自宅近くの路上で背後から近づいてきた男に、いきなり棒のようなもので後頭部を殴られ、驚いて振り返ったところ、さらに顔面を2、3回殴打された。
 
 糸見さんは路上にあおむけに倒れ、男ともみ合いになったが、持っていた傘で「必殺−」の中村主水の太刀のごとく反撃。
 男は逃走し、糸見さんは顔や頭に打撲などの軽傷を負いながら、自力で帰宅し、話を聞いた妻が110番通報をした。
 男は身長約170センチで上下とも黒っぽい服装。現場にはもみ合った際に散らばったとみられる小銭1038円が落ちていたが、小銭入れが見あたらないため、同署では強盗致傷事件として、男の行方を追っている。
 

●鳩山由紀夫首相は14日午後、首相官邸で開いた会合で「子ども手当のために借金を残すようなことはしたくない。
 子ども手当の財源は(予算の)無駄を削減する中、余裕ができた分でやろうという仕組みで基本的につくろうと思っている」と表明した。
 
 4月にも開始する「事業仕分け」第2弾で捻出(ねんしゅつ)した財源を2011年度の子ども手当に充てる方針を示したものだが、財源不足の場合は満額支給にこだわらない考えも示唆したとみられる。
 
 首相はこれまで、11年度以降の子ども手当について「基本的にはマニフェスト(政権公約)通り行いたい」とし、昨年の衆院選で民主党が示した「中学卒業まで1人当たり月額2万6000円」を支給する方向で検討する考えを示していた。
 首相は14日、市民と直接対話するための茶話会「リアル鳩カフェ」を開き、子育てをテーマに意見交換。出席者から子ども手当の財源確保を懸念する意見が出たことに対し、発言した。 
 

●民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営の選挙違反事件に絡み、小林氏側が、日本教職員組合(日教組)傘下の北海道教職員組合(北教組)側から1千万円を超える裏金を受け取り、選挙費用に充てていた疑いのあることが14日、関係者への取材で分かった。
 札幌地検は、政治家個人への企業・団体献金を禁じた政治資金規正法違反や、選挙費用の収支報告を義務付けた公職選挙法違反の疑いが強いとみて、小林氏側の立件を視野に詰めの捜査を進めているもようだ。
 
 民主党にとっては鳩山由紀夫首相と小沢一郎幹事長の秘書らによる規正法違反事件に続く「政治とカネ」をめぐる問題として批判が起こりそうだ。
 関係者によると、小林氏側は昨年8月30日に投開票が行われた衆院選の選挙費用として、北教組側から1千万円を超える裏金を受け取った疑いがあるという。
 
 小林氏陣営では当初、北教組委員長が選対委員長を務めていたが、選挙直前の昨年6月に急逝。代わりに別の北教組幹部が陣営に入り、連合北海道札幌地区連合会の前会長(60)が選対委員長代行として選挙を仕切ったという。地元政界関係者は「小林氏の選挙は北教組の丸抱えだった」と証言する。
 
 前会長は運動員に選挙運動をさせ、連合札幌の裏金から報酬を支払うことを約束したなどとして、公選法違反(買収約束、事前運動)罪に問われ、今月12日に札幌地裁で有罪判決を受けた。判決が確定すれば、連座制が適用され、小林氏の当選が無効になる可能性がある。
 小林氏は15年の衆院選に立候補し、落選したが比例で復活して初当選。17年に落選したが、昨年は小選挙区で当選し、現在2期目。
 
 規正法は企業や労組、職員団体から政治家個人への献金の授受を禁じており、違反した場合は1年以下の禁固などの罰則がある。また、公選法は選挙費用の収支報告を義務付けており、故意の虚偽記載は3年以下の禁固などの罰則がある。
 小林氏は産経新聞の取材に対し「(裏金受領は)存じていない。お金の処理は法にのっとって行っていると思っている」と話した。
 
 日教組の傘下組織をめぐっては、山梨県教職員組合の元財政部長らが18年、民主党の輿石東参院議員会長を支援するため、教員から集めた寄付金を収支報告書に記載しなかったとして、規正法違反罪で略式起訴され、罰金刑を受けている。

<カレンダーへ戻る