<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

泥船から下りたきひとの数知れず 升添与謝野あとぞろぞろと (03月06日)(土)

 小雨だが暖かい。6−15度C 12時 故小久保博二の四九日忌(区内) 身内だけの法事 納骨を済ませた。終わってから懇親会。 雨の中終わる。15時50分 小久保久子など身内の相談事(区内) 夜は石川忠司「新・竜馬論」 手島龍一「スギハラダアー」を読む
 

●ニューヨーク5日発 ロイター通信
 ロイターと調査会社イプソスが23カ国の2万4000人余りを対象に実施した調査で、5人に2人以上がわずか数時間でも日常から逃れるためによく映画を見に出かけることが分かった。
 調査は昨年11月から今年1月にかけて実施。「映画は自分にとって現実世界からの逃避で、できる限り頻繁に見に行く」という項目に「同意する」と答えた人の割合は全体で42%。トルコ(67%)やインド(61%)、韓国(54%)、オーストラリア(52%)で特に高かった。日本は41%だった。
 逆に「同意しない」と答えた人の割合はハンガリー(76%)、オランダ(74%)、メキシコ(74%)、スウェーデン(71%)、ドイツ(70%)などで高く、全体でも58%と半分以上に上った。日本は59%だった。

<カレンダーへ戻る