<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

学習院学級崩壊表面に 愛子姫の学校にも行けずに (03月07日)(日)

 朝から雨である。昨夜深夜からカレントの原稿を書く。 午前中 自由時間。 午後  原稿 18時 「坂本龍馬が嫌いな人」の会に出る(千代田区内) 20時に終了して解散。 夜はグリス・アンダーソン「フリー」を読む。
 

●何事が起こっているのか? 学習院初等科が学級崩壊していた。
 皇太子ご夫妻の長女で、学習院初等科(東京都新宿区)2年の愛子さま(8)が今週に入り、通学時に強い不安感と腹痛などを訴え、学校を休まれていることが分かった。乱暴な児童が複数いるためという。
 愛子さまの笑顔を曇らせてしまった、庶民には縁遠い名門小学校は現在、どうなっているのか。
 
 「愛子さまが楽しいはずの学校に行きたくないような雰囲気があったのは事実だろう。卒業生として恥ずかしい限りだ」
 天皇陛下のご学友で、ジャーナリストの橋本明氏は、産経新聞の取材にこう語った。
 宮内庁と学習院の話をまとめると、愛子さまが在籍する2年生の別のクラスで、昨年7月から11月ごろまで学級崩壊が発生。数人の男子児童が、(1)カバンを投げあう(2)授業中に教室で縄跳びの縄を振り回す(3)廊下をすごい勢いで走り回る−などの乱暴行為を繰り返していた。
 
 同校では、ほかにも授業中に騒ぎだし、勝手に立ち歩いたり廊下で走り回る児童が昨年から目立ちはじめ、1年生では男子児童が、後ろの席に座る女子児童の顔を鉛筆で傷つける事件も発生していたという。
 この事態に、複数の保護者が学校側に善処を申し入れ、同校は担任教諭のほかにサポーターの教職員を教室に配置した。
 
 学習院での「学級崩壊」発覚に、関係者の衝撃は大きい。お受験専門予備校の関係者はこう話す。
 「学習院初等科は、慶應義塾幼稚舎や青山学院初等科と並ぶ“お受験御三家”の1つで、競争率は常に10倍超の狭き門です。
 入学後も、毎年の授業料以外に『一口15万円最低5口、平均10口』ともいわれる寄付金が存在するなど、経済的に裕福でないと通学させることは困難。学習院は、他の2校と違って全員が大学まで推薦で進学できるわけではないが、生徒はみな上流階級に近い教育を受け、躾もしっかりしていることが圧倒的人気の理由だったのですが」
 
 皇室関係者の大半も通学されていることから、面接では特に両親の家柄が重視される。皇室以外の卒業生には、古くは近衛文麿第34代首相から、麻生太郎前首相、鳩山由紀夫首相兄弟などの政治家をはじめ、故徳川家正・徳川宗家第17代当主、随筆家の故白洲正子氏などがズラリ。
 
 「皇族の方々と同学年の年は人気が跳ね上がり、学校側も相当慎重に家柄や子供の性格を見極めていたはず。それだけに、今回のような粗暴な児童が入学できていたことが、業界関係者や小学校受験を考える保護者には、信じられない出来事なのです」(前出の関係者)
 こうした現状を反映してか、最近では高円宮家の長女、承子さまが早大に進学されたほか、秋篠宮家の長女、眞子さまが国際基督教大、長男の悠仁さまもお茶の水女子大付属幼稚園に4月から通われるなど“学習院離れ”が進んでいる。
 

●参院選や来年の統一地方選をにらみ、民主党の小沢一郎幹事長による“自民党殲滅作戦”が、進んでいる。
 小沢氏の主導により、国会議員が政策分野ごとにつくる議員連盟(議連)で、超党派のものも含め民主党議員が会長ポストに就くケースが急増しているのだ。議連は団体とのパイプになっていることも多いだけに、陳情の幹事長室一本化に続く、団体−自民党ラインの「ぶんどり工作」とも言われている。
 
 民主党の議連見直しチーム(伴野豊座長)は2月上旬までに、政権交代後、100を超す超党派議連のうち、約20議連で自民党からの会長交代を実現。
 別に約20議連で交代のめどが立っていることを確認した。さらに、「早々に計70程度で交代できるだろう」(チームのメンバー)と皮算用をする一方、党単独で30超の議連を発足させたことも確認した。
 
 例えば、1月27日に開かれた超党派の活字文化議連の総会。自民党の中川秀直元幹事長から会長を引き継いだ民主党の山岡賢次国対委員長は、「今までの実績を引き継ぎ、協力して頑張っていく」とあいさつした。
 さらに、日韓議員連盟(会長・森喜朗元首相)や日中友好議連(会長・高村正彦元外相)などのように、自民党が会長を握ったままの議連についても、民主党は政権党の議員が会長を務めると定める規約改正などを自民党側に働き掛ける方針。
 「場合によっては民主党議員が全員離脱することもある」(党幹部)と、けん制にも余念がない。
 
 党単独で新たな議連を立ち上げる動きも活発だ。
 自民党の古賀誠元幹事長が会長を務めるトラック議連に対抗する民主党トラック議連は今月3日に初会合を開いた。会長には小沢氏に近い奥村展三党総務委員長が就任。奥村氏は「自民は自民、民主は民主で取り組めばいい」と淡々と語るが、自民党と関係の深い業界への食い込みを狙ったのは明らかだ。
 このほか、適切な医療費を考える議連、肝炎対策推進議連なども相次いで誕生。伴野氏は「議連については党単独で活動するとの原則に沿った動きだ。超党派議連の会長交代も平和的に進めたい」と話している。
 
【小沢へ権力集中の一貫】
 こうした動きは伴野座長や佐藤公治副幹事長ら側近が現場を担う、小沢氏主導の肝いり活動と言える。
 400を超えると言われる議連は、議員が野放図的に作るケースも多く、「国内的な活動をする議連は4割、国際議連は2割が活動しておらず、会費だけを払う場合もある」(民主党関係者)という。
 
 見直しチームは11月に、(1)原則として民主党単独(2)活動実績のない議連は解散(3)例外的に超党派の議連は党幹事長室と十分協議(4)議連活動は来年の通常国会から登録制とする−などの基本方針を決めた。
 政治評論家の有馬晴海氏は「トラック議連など、議連は族議員の温床になってきた側面もある。与党になり、議連を乗っ取るか新たな窓口を作ることで、選挙で自民党から団体票を奪い取ることができる。
 さらに、登録制にすることで、すべての人の動きを小沢氏が差配できる。
 例えば、議連と名を借りて反小沢分子が集結しにくくなるし、まさに小沢氏への権力集中のプロセスだ」と話す。
 
 一方、自民党側も「政治は多数決だ。議員の数からいって、会長交代はやむを得ない」(中堅)と、すんなり明け渡すケースも多いようだが、中には「乗っ取られるくらいなら、と議連をつぶす動きもある」(ベテラン秘書)という。
 「政治とカネ」で逆風にさらされる小沢氏だが、自民党攻撃の手綱だけは緩めていないようだ。
 
★政権交代後の主な議員連盟の動向(敬称略)
議連名         会長
【新設】
トラック議連     奥村展三
肝炎対策推進議連   三井弁雄
適切な医療費を考える議連 桜井充
取り調べの全面可視化を実現する議連 川内博史
 
【自民党から民主党に会長交代】
活字文化議連     中川秀直→山岡賢次
国連世界食糧計画議連 谷津義男→筒井信隆
音楽議連       柳沢伯夫→中野寛成
 
【自民党議員が会長継続】
日韓議連       森喜朗
日中友好議連     高村正彦
拉致救出議連     平沼赳夫(無所属)
 

●自民党の与謝野馨元財務相(71)が、谷垣禎一総裁をはじめとする党執行部の一新を求める意向を固めたことが、明らかになった。現執行部では、鳩山由紀夫内閣を早期退陣に追い込むことは困難と判断した。実現しない場合は離党し、「安心社会の実現」を旗印に、与野党を巻き込む形での新党を結成することも視野に入れている。
 
 与謝野氏が決断したのは、自らが「捨て石」となってでも自民党内で新たな動きを起こす必要があると決意したため。産経新聞が6日報じた。
 
 2月17日の党首討論前、日、谷垣氏から助言を求められた与謝野氏は、「戦う野党党首」として鳩山首相に辞任を迫るよう勧めた。しかし、谷垣氏は討論で見せ場を作れず、首相に辞任も要求しなかった。
 
 与謝野氏は、「政治とカネ」の問題を抱える鳩山内閣を追及しきれない谷垣氏を「野党党首としては不適任」と批判。まずは現執行部の交代を求める。辞任しない場合は新党結成の必要性も出てくるとしている。
 
 新党結党の場合、麻生太郎前政権時代に経済財政担当相だった自らが主導して立ち上げた「安心社会実現会議」の報告書を基にした政策を掲げる方針という。
 
 具体的には、消費税を「社会保障目的税」にし、社会保障給付を確実なものとするために税率を上げる。外交面では日米同盟を基軸とした上で、中国などのアジア諸国とは経済面での協力拡充に努めるべきだとする考えという。
 
 与謝野氏は、園田博之幹事長代理や後藤田正純元内閣府政務官と政策的に近く、園田、後藤田両氏の動きも注目される。園田氏は新党さきがけ時代、鳩山首相や菅直人副総理兼財務相、前原誠司国交相、枝野幸男行革相とも近かった。
 

●自民党の与謝野馨元財務相(71)が、谷垣禎一総裁をはじめとする党執行部の一新を求める意向を固めたことが、明らかになった。現執行部では、鳩山由紀夫内閣を早期退陣に追い込むことは困難と判断した。実現しない場合は離党し、「安心社会の実現」を旗印に、与野党を巻き込む形での新党を結成することも視野に入れている。
 
 与謝野氏が決断したのは、自らが「捨て石」となってでも自民党内で新たな動きを起こす必要があると決意したため。産経新聞が6日報じた。
 2月17日の党首討論前、日、谷垣氏から助言を求められた与謝野氏は、「戦う野党党首」として鳩山首相に辞任を迫るよう勧めた。しかし、谷垣氏は討論で見せ場を作れず、首相に辞任も要求しなかった。
 
 与謝野氏は、「政治とカネ」の問題を抱える鳩山内閣を追及しきれない谷垣氏を「野党党首としては不適任」と批判。まずは現執行部の交代を求める。辞任しない場合は新党結成の必要性も出てくるとしている。
 新党結党の場合、麻生太郎前政権時代に経済財政担当相だった自らが主導して立ち上げた「安心社会実現会議」の報告書を基にした政策を掲げる方針という。
 
 具体的には、消費税を「社会保障目的税」にし、社会保障給付を確実なものとするために税率を上げる。外交面では日米同盟を基軸とした上で、中国などのアジア諸国とは経済面での協力拡充に努めるべきだとする考えという。
 与謝野氏は、園田博之幹事長代理や後藤田正純元内閣府政務官と政策的に近く、園田、後藤田両氏の動きも注目される。園田氏は新党さきがけ時代、鳩山首相や菅直人副総理兼財務相、前原誠司国交相、枝野幸男行革相とも近かった。
 

●ソウル発 共同通信
 韓国で5日までに、インターネットカフェで少女キャラクターを育てるゲームに熱中し、生後3カ月の娘を餓死させたとして、夫婦が遺棄致死容疑で逮捕された。韓国メディアは「ゲーム中毒になり、実の娘への関心を失い、仮想世界の子育てに集中した」と報じ、社会に衝撃を与えている。
 
 聯合ニュースなどによると、夫婦は京畿道水原市の自宅に娘を一人で残したまま近所のネットカフェに入り浸った。昨年9月には1日に12時間もゲームを続け、娘は1日1回、ミルクを与えられるだけで、栄養失調のため同月死亡した。
 夫婦は娘を火葬した後、警察の捜査から逃れるため逃亡し、指名手配されていた。
 
 ゲームは少女キャラクターとともに戦闘しながら、同キャラクターを育てていく内容。夫婦はネットを通じて知り合い結婚したという。
 また聯合ニュースによると、夫のネットカフェ通いをめぐる夫婦げんかの末、生後4カ月の息子を放置したまま約4時間、自宅を空け、死なせたとして同国北西部仁川市の夫婦が同じ遺棄致死容疑で5日までに書類送検された。

<カレンダーへ戻る