<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

ありえないことが起こりてしばしばに 卯月半ばに雪降る道に (04月14日)(水)

 快晴11−18度C 8時30分 トーヨーで打ち合わせ 8時45分 区へ 打ち合わせ 執務 来客 11時 国際政経懇話会 12時 昼食 13時 総会 講演会 分科会 報告会 討論会 18時 夕食会 懇談会 夜は
「オール生活4月号」「クレア」「文藝春秋5月号」を読む。
 

●自民党の舛添要一・前厚生労働相と東国原英夫・宮崎県知事が15日に、東京都内で会談することが分かった。
 東国原氏が13日夜、大阪市内で橋下徹・大阪府知事との会食後、記者団に明らかにした。
 東国原氏側からの申し入れだといい、参院選前の新党結成も視野に入れた動きだとの受け止め方も出ている。
 舛添氏は自民党執行部に人事刷新を求める一方、政界再編や新党も選択肢だとする立場を示してきた。国民人気が高い舛添氏と東国原氏の接近は注目を集めそうだ。
 
 また、舛添氏が13日、インターネット上で、大阪府が税率や規制を自由に決定できる「大阪独立国構想」と題した政策提言を発表したことが、橋下氏との連携を模索しているとの憶測を呼んでいる。
 提言には「政策を集大成し、信を問いたい」と、新党に含みを持たせる表現もある。
 橋下氏は同日夜、舛添氏から事前に電話で提言の説明を受けたと、記者団に明かした。
 

●国民新党の亀井静香代表(金融・郵政改革担当相)は14日、都内で開かれた民主党議員のパーティーであいさつし、米軍普天間飛行場の移設問題について「米国にこうするんだときちんと言い、その線で決着させればいい。あまりあちらの言い分を立てようとするとエンドレスになる危険性がある」と述べ、強気の姿勢で米側と交渉するよう政府に求めた。 
 

●発達中の低気圧の影響で、北日本と北陸は14日から15日明け方にかけて、20メートル以上の強風が吹き、海上も大しけとなるため、気象庁は暴風や高波への警戒を呼び掛けている。
 
 同庁によると、14日に予想される最大風速は北日本の日本海側の陸上で20メートル、北日本の太平洋側や北陸の陸上で18メートル。海上でも20―25メートルの強風が吹く。北日本では、強い寒気の影響で雪を伴い、吹雪となるところもある。
 北日本や北陸の沿岸では大しけも予想され、波の高さは5―7メートルが見込まれている。

<カレンダーへ戻る