<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

美しきかんばせのまま死の旅路 畑道代師猛暑の通夜に (09月05日)(日)

 9月になっても猛暑日が続いている。曇りのち快晴 36度C 午前中 原稿 カメラ店に行ってコピー 午後 原稿 18時30分 畑道代さんの通夜(新宿区落合斎場) 20時15分過ぎに終了して解散 帰宅。
 

●ソウル発 CNN
 北朝鮮の朝鮮労働党代表者会が近く、44年ぶりに開かれる。
 今回は「最高指導機関の選出」(朝鮮中央通信)が目的で、金正日総書記の後継者に内定したとされる三男、ジョンウン氏が要職に就き、表舞台に登場するかどうかが注目されている。
 韓国メディアは党代表者会で要職の人員が補充され、後継者を支える集団指導体制がとられる可能性にも言及している。
 
 北朝鮮メディアは6月、党代表者会が「9月上旬に招集される」とのみ伝えただけで、開催日時や会期は明らかにしていない。韓国メディアは複数の消息筋の話として、6〜7日にかけて行われると伝えている。8月下旬から北朝鮮の政府機関や軍、平壌市など各地の党代表会が相次いで開かれており、党代表者会の開催は間近に迫っているとみられる。
 
 韓国の北朝鮮専門家らは、ジョンウン氏が今回、政策決定を主導する中央委員に選出されるという見方でほぼ一致している。ただ、兼務で他のポストに就くかについてはさまざまな説が流れている。
 現在、金総書記1人のみとなっている、党中枢ポストの政治局常務委員に選出されるとの説のほか、金総書記が1973年以来、兼務している組織指導部長あるいは組織担当書記に就任するといった説もある。
 
 また韓国メディアによると今回、政治局常務委員を5人に増やし、「中国式集団指導体制」に転換するとの見方も出ている。
 その場合、新しい政治局常務委員には、金総書記の実妹の夫で、6月の最高人民会議で国防委員会副委員長に昇格し、事実上のナンバー2とされる張成沢党行政部長が選出される可能性が濃厚だ。
 権力基盤がまだ弱いとされるジョンウン氏への権力継承に支障が生じないよう、集団指導体制を確立し、ジョンウン氏の後見人とされている張部長らの立場を強化するのが目的とされる。
 
 一方、ジョンウン氏が後継者として公式に指名され表舞台に登場するのは、当面の国家目標である「強盛大国」元年の2012年に開かれる見込みの党大会との見方も有力だ。
 金総書記は8月下旬の訪中で金日成主席の「革命聖地」を巡礼しており、権力世襲の正統性をアピールする狙いがあったとみられる。
 
 党大会に次ぐ、党の重要な意思決定機関。規約では「党の路線や政策など緊急の問題を討議、決定する」と規定されている。
 5年に1度開かれることになっている党大会の間に招集でき、今回開かれれば1958年と66年に続き3回目。党大会は金正日総書記が故金日成主席の後継者として初めて公式に登場した80年以降、開かれていない。
 

●産経新聞社は4日、民主党代表選(14日投開票)の序盤情勢を調査した。
 党所属国会議員の動向は、続投を目指す菅直人首相が約160人、小沢一郎前幹事長は170人超の支持を固めた。
 さらに、中間派の旧民社党系グループ(約30人)が4日、週明けにも首相支持の方針を打ち出す見通しとなり、首相は議員票で小沢氏と並ぶ公算が大きくなった。
 全体の3分の1の地方議員や党員・サポーター票などは首相支持に傾いており、全体では首相が優位に立った。
 
 ただ、態度未定の国会議員は60人以上おり、小沢氏は国会議員票の上積みや、サポーターらへの働きかけを強めている。
 調査は、412人の国会議員や地方組織への取材、各所属グループの対応などを基にまとめた。
 首相は自身の議員グループと前原誠司国土交通相、野田佳彦財務相らのグループの「主流3派」で議員票を固めた。
 
 小沢氏は党内最大勢力の小沢グループ約150人に加え、第2勢力の鳩山グループ(約60人)の支持を取り付けたが、2グループの合計210人には届いていない。小沢氏の影響下にあるとされる衆院当選1回の143人のうち、半数が小沢氏支持。2割以上は態度未定だ。
 選挙基盤の弱い新人議員に、早期解散に慎重な首相の姿勢が一定の評価を得ているようだ。
 
 動向が注目されていた旧民社党系グループは4日、首相支持に向けて調整に入った。6日にも会合を開き、決定する考えだ。
 来春の統一地方選を控え、地方議員に小沢氏を支持しにくい機運が強いことや、小沢氏が在沖縄米軍海兵隊は「要らない」と述べるなど日米同盟を揺るがしかねない発言を続けていることで、懸念が広がっているとみられる。
 地方議員の序盤調査では5割以上が首相に投票すると回答しており、小沢氏が勝利するには、国会議員票での大幅な巻き返しが必要になりそうだ。
 
 代表選は、党所属国会議員票824ポイント(1人2ポイント)、地方議員票100ポイント、党員・サポーター票300ポイントの計1224ポイントの過半数で戦われている。

<カレンダーへ戻る