<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

出口なし日本の未来如何にせむ 社会に漂う絶望の渦 (09月18日)(土)

快眠快便快食が望ましい。晴れのち曇り 20−28度C 11時 案件があって蓑田あにせむ氏 阪井氏と要談
 午後は原稿 書類の整理 手紙 雑誌。 夜はソポクレス「オイディプス」を読む。
 

●菅改造内閣の発足から一夜明けた18日、閣僚はテレビ出演などを通じて、経済対策や党内融和に全力を挙げる姿勢をアピールした。
 
 一方、菅首相は同日昼過ぎ、仙谷官房長官、前原外相らと首相公邸で会い、来週訪問するニューヨークでの国連総会などの打ち合わせを行った。首相は連休中に残る副大臣・政務官人事の陣容を固めることにしているが、民主党代表選で小沢一郎元代表を支持した議員を積極的に登用することで、党内融和に配慮を示す考えだ。
 
 民主党代表選で小沢氏を支持した海江田経済財政相は18日朝のTBSの番組で、「代表選の時から『脱小沢』を争点にしてはいけないと言っていた。これから副大臣、政務官を決めるので、当然、小沢さんのグループに所属する人たちもちゃんとしっかり政府の中に入ると思っている」と述べ、閣僚への起用がゼロだった小沢グループへの配慮を求めた。

<カレンダーへ戻る