<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

延坪島民間人死者もふたり出ず 北朝鮮の意図や如何に (11月27日)(土)

 韓国から金要貞氏が来訪懇談 曇り 10−15度C 午前中 原稿 13時 金要貞氏と要談 昼食 懇談
 16時 榮谷工業へ金氏と一緒に行く 懇談 18時 夕食会に出る。 19時30分 案件があって森永氏 大石氏
 大宮氏と懇談 21時 解散 夜は鄭師東「朝鮮王朝秘話」を読む。
 

●前原誠司外相は27日、北朝鮮による韓国砲撃をめぐり、中国の楊潔※(※=竹カンムリに褫のつくり)外相と約45分間、電話で会談した。
 楊外相は「死傷者や財産の損失が発生していることを残念に思う。事態の拡大を望んでおらず、双方に働き掛けをしたい」と述べ、韓国と北朝鮮双方に冷静な対応を促していく考えを表明。
 両外相は情勢の推移に応じ、今後も日中が緊密に意見交換していくことで一致した。
 
 日中両外相が協議するのは、23日の砲撃事件発生後初めて。前原外相はこの中で、「韓国をしっかりサポートし、北朝鮮の無差別攻撃、全く無防備の韓国国民に対する攻撃を強く非難する。中国が北朝鮮を非難するよう求める」と述べ、北朝鮮に強い影響力を持つ中国に対し、挑発行為の自制を働き掛けるよう求めた。
 
 楊外相は「このような状況になっているのは、6カ国協議が長らく開かれていないからではないか」と述べ、北朝鮮核問題に関する6カ国協議の再開が必要と強調。
 これに対し、前原外相は「状況は後退している」と慎重姿勢を示した上で、「協議再開のためにも中国側の強いリーダーシップ、北への働き掛けを求める」と語った。
 

●韓国・延坪島(ヨンビョンド)を砲撃した北朝鮮を牽制する、米韓合同軍事演習が28日から黄海で始まる。
 米原子力空母も参加する大規模演習に、北朝鮮は「戦争前夜だ」と軍事的挑発をチラつかせるほか、中国も反対を表明した。
 緊迫する朝鮮半島。一方、韓国政府は北朝鮮に対抗する軍備増強を進めることを決めた。
 
 世界が注視する軍事演習には、米軍からFA18など戦闘機70機の空母飛行団を艦載する主力原子力空母ジョージ・ワシントンに加え、イージス艦「ステザム」「フィッツジェラルド」「シャイロー」「ラッセン」、巡洋艦「カウペンス」など、強力な破壊力を誇る艦艇が集結。
 韓国軍からも4500トン級駆逐艦2隻、哨戒艦、護衛艦、哨戒機P3Cなどが加わり、米韓の兵力7000人規模となる。
 
 北朝鮮の奇襲攻撃を受けて演習が決定したため、今年7月、日本海で行われた合同演習(8000人)に比べると規模は下回るが、老朽化や燃料不足も指摘される北朝鮮軍に対し、圧倒的な軍事力を示し、牽制する狙いは達成できそうだ。
 これに対し、北朝鮮は「李明博(韓国大統領)逆徒が米国を巻き込んだ反共和国謀略対決騒動」と酷評した。さらに「対決を強要すれば、われわれも避けるつもりはない」「対決には対決で、戦争には戦争で断固と立ち向かう」と徹底抗戦を主張している。
 
 「血の同盟」関係にある中国外務省も26日、米韓合同軍事演習を「中国の排他的経済水域(EEZ)で許可なく軍事行動をすることに反対する」とした洪磊副報道局長の談話を発表した。
 米韓軍と北朝鮮の小競り合いも懸念されている。砲撃のあった延坪島では26日午後、北朝鮮側から、再び砲声が聞こえ、住民らが防空壕に逃げ込む騒ぎも。不測の事態が起きる可能性もある。
 
 ただ、専門家の間では「訓練に参加する米韓の艦艇や航空機と、北朝鮮の軍事力では、歴然とした差がある。米韓が報復攻撃すれば、北朝鮮は一瞬で負け戦になるため、艦隊への直接的な手出しはしない」(軍事ジャーナリスト)という見方が強い。
 こうした中、韓国政府は軍備増強を決定した。北方限界線(NLL)を挟んだ黄海沿岸では、北朝鮮軍が兵力10万人、1000の砲門に対し、韓国軍は兵力5000人で、18門と歴然の差があるからだ。
 
 李大統領の指示を受け、来年度予算案では1兆4000億ウォン(約1012億円)が計上。これにより、自走砲を約100門、F15戦闘機を8機程度増やすことができるという。
 朝鮮半島情勢の緊迫化を受け、菅直人首相は米韓合同軍事演習が終了する来月1日までの間、全閣僚を都内で待機させ、緊急事態発生時には1時間以内に所管省庁に登庁することなどを指示した。
 

●警視庁の内部資料とみられる国際テロ関連情報がインターネット上に流出した問題に絡み、この流出データを収録した書籍が出版された。警察官や協力者の住所や氏名だけでなく、中には顔写真もそのまま掲載されており、物議を醸すことになりそうだ。
 
 第三書館(東京都新宿区)が25日に出版したのは「流出『公安テロ情報』全データ」。警視庁公安部から流出したとされる「公安テロ生情報」を無修正で完全収録。編集部が項目別に整理しているが、内容は手を加えていないという。
 目次には「テロ対策全142名の氏名・任務が流出」「テロ対策員リストに人質交渉官5名の名前も流出」とあり、個人情報が掲載されている。
 
 トーハンなど大手出版取り次ぎ会社は、この書籍に個人情報が掲載されていることなどを問題視し、配本取り次ぎを拒否。ネット通販大手の楽天には取り扱われておらず、また、書籍ネット通販のアマゾン・ドットコムでは「この本は現在お取り扱いできません」と、なっている。
 ただ、一部の書店からは直接、第三書館へ注文が入っているという状況だという。
 
 警視庁は流出したのが内部情報かどうかも認めていないが、ネットの掲示板などには「流出データで商売するのはいかがなものか」「プライバシーの侵害では」といった批判も出ている。
 

●東京都の石原慎太郎知事がブチ切れた。来年度の子ども手当で「地方負担」を求めようとする民主党政権を「でたらめな政府だ!」と批判したうえで、盟友である国民新党の亀井静香代表について、「亀井静香を総理にするって話もある。面白いね」と持ち上げたのだ。
 支持率急落に苦しむ菅直人首相には、痛烈パンチとなるか!?
 
 慎太郎節が炸裂したのは26日の定例会見。まず、民主党内で、子ども手当の地方負担を求める方向になってきたことについて、「地方主権とか分権とか言うけど、上で決めればまかり通るのは変な話。
 言っていることとやっていることが全然違う。こんなでたらめな政府は何党でも許されない!」と一喝した。
 
 さらに、支持率急落や仙谷由人官房長官への問責可決で、菅政権が弱っていることを見越してか、「今年の年末に恐らく(内閣の)大改造を行うだろう。今の政権もそう長くないんじゃないか」と突き放した。
 そのうえで、「中には国民新党を抱き込んで、亀井静香を総理にするって話もある。面白いね。
 この間、亀ちゃんに『お前やれよっ』って言ったんだ。(永田町には)ロクな奴いないもん。亀井がんばれ、亀井。本気になれ」と語った。
 水面下では、政界再編がうごめきだしているようだ。
 

●人気歌舞伎俳優の市川海老蔵(32)が巻き込まれた暴行事件は、莫大な「経済損失」を生む可能性が高くなってきた。
 すでに、12月の歌舞伎公演の“降板”が決まっているほか、1月の座頭公演は開催さえ危ぶまれている。
 さらに、CMキャラクターとしての価値もなくなるとなれば、専門家からは「歌舞伎界全体が受ける損害額は5億円に上る」との声も上がっている。
 
 事件から一夜明けた26日、入院先の都内病院で診断を受け、タコ殴りにされた海老蔵の顔面の惨状が明らかになった。
 鼻ははれ、前歯が欠損。側頭部にはこぶができていた。激しい暴行は体全体にも及んでおり、胸、左脇腹には打撲のあとが残っていた。
 特に深刻なダメージを負っていたのは顔の左側。左目にあざができ、あごには打撲痕。さらに、ほおは陥没骨折しており、「かなり大規模な整復手術が必要。全治2カ月はかかる」(病院関係者)見通しだという。
 
 しかし、事件の影響はこれだけに留まらない。関係者がもっとも懸念しているのは今回の事件によって受ける経済的損失だ。
 海老蔵はすでに、30日から初日を迎える京都・南座の歌舞伎公演「吉例顔見世興行」の休演を発表している。
 こちらは代役に片岡仁佐衛門の起用が決定済みだが、問題は1月に東京の「ル・テアトル銀座」で行われる予定となっている座頭公演だ。
 
 「この公演は昼夜6演目行われ、このうち海老蔵は5演目に主演します。
 海老蔵がメーンの公演で、お客さまも海老蔵目当ての人がほとんど。回復がずれこむようなら、中止せざるを得ず、その場合は5000万円以上の損害になります」(劇場関係者)
 人気者の海老蔵は、本職の歌舞伎以外にもPRイベントにもひんぱんに登場しているが、「当然、すべてのスケジュールを白紙にせざるを得ない」(広告代理店関係者)。
 
 出演するCMへの影響も懸念される。飲料メーカー「伊藤園」では、同社の看板商品「お〜いお茶」のCMキャラクターを長年務めているが、「暴行相手に暴走族の名前が出てきたり、海老蔵さんの醜態もさんざん報道された。
 スポンサーは、ネガティブなイメージが付くことを嫌がりますから、放映中止ということもある」(同)
 これらもろもろひっくるめると、損失額は一体いかほどか。
 
 経済ジャーナリストの荻原博子氏は、「役者さんはイメージが大切。今回の事件はあまりにも印象が悪すぎる。歌舞伎全体のイメージ悪化にもつながることから、間接的な逸失利益も含めると5億円ぐらいの損害になるのではないでしょうか。
 それに、これをキッカケにおかしなスキャンダルが飛び出したら、CM出演する企業から『イメージに損害を与えた』と、数千万円単位で賠償を求められる可能性もあります」と指摘する。

<カレンダーへ戻る