<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

いかがわし来年度予算提出へ マニフェスト空しき政策限界 (12月24日)(金)

 新軍縮条約発効した。晴れのち曇り 3−10度C
北では寒波である。 13時 新幹線で熱海から帰京   15時 案件があって吉永氏 大見氏 坂尾氏と要談 17時 案件があって森氏 木田氏と要談 19時 案件があって町井氏 佐方氏と要談 夜は木村里美「花は短い」 大口善治「現代国家の自立と尊厳」を読む。
 

●収入はやや持ち直したが、借金頼りの生活は変わらず、妻のへそくりはついに枯渇―。
 2011年度一般会計当初予算案をサラリーマン家計のやり繰りに見立てると、景気低迷が長引く中、何かと物入りで、年収に見合わない生活を続けざるを得ない家族の姿が浮かび上がる。
 
 夫の年収(税収)は409万円。昨年よりは回復したが、最盛期には遠く及ばない。
 高値づかみした住宅のローン返済など借金(国債発行残高)は6680万円。
 年215万円の返済(国債費)は、支出を前年並みに抑えても、家計に重くのしかかかる。
 老いた親は介護が必要となり、医療費(社会保障費)は膨らむ一方だ。
 
 年収を上回る443万円の借金(新規国債発行)がないと924万円を支出する生活を維持できない。
 ここ数年、家計を支えてきた妻のへそくり(埋蔵金など税外収入)はほぼ底を突いた。
 生活を切り詰めたり、無駄遣いをやめたりする努力が十分とは言い難いが、来年は収入増に向けた抜本策も考えないといけないのは明らかだ。 
 

●最高検は24日、厚生労働省元局長・村木厚子さん(54)が無罪となった郵便不正事件の捜査・公判の検証結果をまとめた報告書を公表した。
 報告書では、事件の構図と矛盾する証拠を十分に検討せずに、村木さんを起訴した判断は誤りだったと認めた。再発防止策の柱として、特捜部の事件での取り調べの一部録音・録画(一部可視化)の導入を盛り込んだ。
 
 最高検が個別事件の検証結果を公表するのは、足利事件などに続き3例目。
 最高検の検証チームが約3か月間かけ、証拠の見直しや検事ら約130人の事情聴取を行い、外部有識者3人の提言を受けてまとめた。
 報告書では、関係者の取り調べで、事件の構図に沿う供述を引き出すための「誘導」があったと指摘。村木さんの逮捕、起訴を了承した大阪地検や大阪高検、最高検の決裁にも問題があったとしている。
 報告書は、法相の私的諮問機関「検察の在り方検討会議」に提出され、同会議が来年3月までに検察改革案をまとめる見通しである。
 

●北朝鮮影響下の思想教育や反日教育が問題となっている朝鮮学校に対し、東京都が補助金の支出を当面中止する方針を固めたことが24日までに分かった。
 今年度分の補助金は支給せず、年内に朝鮮学校の関係者に「適用除外」を伝えるとみられる。
 支出中止に踏み切るのは全国で初めて。朝鮮学校への補助金支出をめぐっては自治体で対応が分かれており、都が朝鮮学校への姿勢を明確に示すことで態度を決めかねているほかの自治体に与える影響は大きいとみられる。
 
 朝鮮学校は都道府県が各種学校として認可し、昨年度は各自治体が全国約70校(幼稚園から高校まで)に計約8億円の補助金を支出している。
 都は学校法人「東京朝鮮学園」が経営する都内の朝鮮学校10校に対し、毎年計約2400万円の補助金を支出してきた。
 

●鳩山由紀夫前首相が実母から巨額の資金提供を受け約6億970万円の贈与税を納付した問題で、国税当局が2002、03年分の計約1億3000万円を前首相側に還付していたことが、関係者の話で分かった。
 「時効」と判断されたためだが、結果的に、本来ならば納付すべきだった1億円超の課税を免れる形となった。
 
 鳩山事務所によると、02〜09年までに実母から計約12億4500万円の贈与を受けたとして約6億970万円の贈与税を振り込んだ。
 これを受け、国税当局は税務調査を実施。その結果、前首相自身は資金提供の事実を知らず、悪質な仮装・隠蔽行為はなかったと判断。所得隠しとは認定しなかった。
 
 所得隠しがあった場合の課税時効は7年間。贈与税は贈与を受けた翌年の3月が申告期限となるため、02年分も03年3月から7年経過した今年3月時点が時効だった。
 前首相は昨年12月に申告をしており、所得隠しが認定されれば02年分から納付の必要があったが、国税当局は時効にかからない5年間だけさかのぼって納付を受け、02、03年分は課税時効として還付した。 不景気で懐具合が寒い庶民は納得できるのか?
 

●「顔は怖いが心は熱い」とも言われる自民党のキーマン・大島理森副総裁(64)がインタビューに応じ、ちまたで取り沙汰される菅民主党との大連立について「なぜ信頼のない菅さんを助けなければいけないのか」と述べ、明確に否定。
 さらに、来年早々にも「内閣総辞職か解散に追い込む」ため、大攻勢をかける決意をブチあげた。
 
 ――民主党に振り回された1年を総括すると
 「菅直人首相、鳩山由紀夫前首相…一言でいえばポピュリズム政治だった。
 その場で国民が受けるだろうという発言を次から次へとする。言葉に責任のない政治が、国民に大変な不信を冗長させてしまった。
 民主党にとどまらず、今は『政党なんかいらないんじゃないか』という不信感が出始めている。罪は大きい」
 ――菅首相はどうか
 「菅政治には『プロセス』がない。政治とは各政党が議論を戦わせ、妥協も必要になる。だが、今は実のある協議や議論、調整がない。
 沖縄の仲井真弘多知事にいきなり会いに行った。諫早湾訴訟の上告断念もそう。参院選の消費税発言も、尖閣問題も然りだ。
 覚悟と展望がなく『私がものを言えば済むだろう』と軽々しく考えている。空虚、空疎、言葉だけが飛び歩く。そこから国家の危機が生まれるのだ」
 
 ――病巣はなにか
 「政治は心と心の通い合いが大事だ。『反対だけど、なるほどあなたのいうことはしょうがないね』と突き詰めていくことが必要。今まで菅首相には『暴くことが政治』と思えるような行動が目立った。
 テレビカメラを前に国土交通省の事務所で(役人を)怒鳴りつけたりね。一方で『作り上げる』経験は少ないのだろう。
 社会とは組織。政党も組織だ。多様な意見をとりまとめるのが政党政治の本質。今その苦しみを味わっている」
 ――来年は菅内閣に退陣を迫るのか
 「退陣か解散をしていただきたい。今年の参院選で、菅首相は『私は民意を問う』と言ったはずだ。
 自公政権で安倍、福田、麻生と3人の首相が交代したとき、民主党から『正統性のない内閣』『仮免許の内閣』と言われた。今や菅首相自身が『仮免許だった』という。正統性に欠ける内閣に信頼は得られない」
 
 ――菅首相は税や社会保障などで自民党と「大連立」を模索している
 「党内も治められず、信頼も欠如している方と、私どもが政策を語り合い結論を得ることなどできない。
 なぜ信頼のない菅さんを自民党が助けなければならないのか」
 ――解散を迫ろうとも、首相が拒めば難しいのでないか
 「まずは年明けの通常国会だ。参院で(仙谷由人官房長官ら)2閣僚に問責決議が可決されたが、このまま(無視して)突っ込むのか。
 『粛々と議論に入ってください』と言われても、こちらははいそうですかといかない。2点目に小沢一郎元民主党代表の問題。党内が一致団結して通常国会を迎えられるかどうか」
 
 ――『どうせ自民党は長々と審議拒否できない』との指摘もある
 「そんな簡単な問題でない。加えていうなら、菅内閣が組んだ2011年度予算案はどうか。
 税(収)より借金の多い予算は民主党内閣で2年連続だが、まったく危機感と将来展望がない。法人税は5%減税したが、財源はつぎはぎの個人対象の増税だ。
 本当に国民のためになるかと問われれば、NOと言わざるをえない。一番良いのは、自らの政策や政治運営について、国民に信を問うことだ」
 ――予算案の与野党攻防が最高潮を迎える春先が大きなヤマ場か
 「いやいや、通常国会冒頭からどういう対応で来るか問われる。謙虚に私どもの主張を迎え入れるのか。あくまで突っ張るのか。
 権力にしがみつこうとするのか。われわれはもう限界だとだけ申し上げておこう」
 

●今季大リーグ最多の214安打で10年連続200安打を達成したマリナーズのイチロー外野手(37)だが、チームは最下位。安打は勝利につながらなかった。
 イチローの安打がいかに無駄になったか、米ESPNが衝撃のデータをあげた。
 イチローの今季の得点は74で両リーグ85位。貧弱な味方打線がつながらず、なかなかホームを踏むことができなかった。
 
 イチローと比較したのが、ダイヤモンドバックスのマーク・レイノルズ内野手(27)=現オリオールズ。今季規定打席に達した両リーグ打者149人中、148位の99安打、打率・198と低迷したが、79得点を挙げた。
 ESPNは「レイノルズはナ・リーグでいえば、規定打席に達した選手としては最低安打、最低打率の選手。イチローは最低の選手より得点できなかった。ありえない話だが、マリナーズはそういうチームだ」と指摘している。
 
 レイノルズは打率は低いが、昨季の44本塁打に続いて、今季も32本塁打を放った。シーズンを通して不振に苦しんだが、長打力を生かして打点も85とチームに貢献した。最高の技術で安打を積み重ねるよりも、イチかバチかの一発の方がチームのためになったということになる。
 マリナーズの今季のチーム通算得点は513と両リーグ最低。
 にもかかわらず、今オフの目立った打線の補強はアスレチックスから獲得したDHカストぐらい。アスレチックスに入団した松井を獲得するべきだったのに触手を伸ばさず、来季は若手を起用する方針だ。
 イチローの単打だけでは、マリナーズは浮上できそうもない。

<カレンダーへ戻る