<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

タクシンの復帰をめぐり動乱のタイの政局つねに不明と (01月13日)(祭・月)

 成人の日 曇り 6時 起床 6時45分 散策 7時20分まで 8時 案件があって五島氏 田仲氏と要談 10時 案件があって藤多氏 江川氏らと要談 14時 浦佐氏 持田氏らと案件があって要談 18時 ピジョン研究会新年会(内幸町)
 

●バンコク発 時事通信
 政治混乱が続くタイの首都バンコクで13日午前、インラック政権の打倒や総選挙(2月2日投票)の阻止を目指す反タクシン元首相派組織「人民民主改革委員会(PDRC)」が大規模デモを開始した。主要道路の通行を遮断し、各省庁を包囲してバンコクを「封鎖」するとしており、タイの政情はさらに緊迫した局面に入る。
 
 バンコクで大規模デモが行われるのは、約30万人が集まった昨年12月22日のデモ以来。今回も同規模の参加が見込まれている。都心の主要交差点など7カ所で集会を開催するほか、主要道路にバリケードを築いて一般車両の通行を遮断。さらに、各省庁やインラック首相ら閣僚の自宅を包囲し電気・水道を止める計画で、首相府や財務省など20カ所以上が標的になる可能性がある。
 
 PDRCを率いるステープ元副首相は「バンコク封鎖の目的はバンコクをまひさせ、政府が機能できないようにすることだ」と主張。封鎖は「インラック政権が退陣した時に終わる」(PDRCスポークスマン)として、首相を辞任に追い込むまで継続する構えを見せている。
 政府は「全ての省と職員は通常通り業務を行う」(スラポン外相)とし、2万人以上の警察・軍要員を動員して治安維持などに当たる。警察スポークスマンは「警察は最大限自制する」としてデモ隊への武器の使用を控える方針を示している。
 
 ただ、軍によるクーデターの臆測が飛び交う中、警察によると、12日深夜にPDRCのデモ隊の男性1人が何者かに銃撃され重傷を負った。13日未明には最大野党・民主党本部で発砲があったが、けが人はいなかった。
 バンコク日本人学校をはじめ小学校など400校以上が休校となり、日本政府も邦人に対し、安全に十分注意するよう呼び掛ける渡航情報を出している。
 

●北朝鮮でアダルトビデオ(AV)を制作したり、販売するなどしたとして、金正恩第1書記の元彼女ら十数人が2013年8月に公開銃殺刑に処せられたが、この問題は朝鮮労働党幹部が処刑されるまでに発展、同10月下旬に地方の幹部ら8人が銃殺刑に処されたという。これに関連し、韓流ドラマや猥褻(わいせつ)な映像を流通させた住民約80人が機関銃で処刑されている。住民らに恐怖を植え付ける手法とみられるが、AVをめぐっても北朝鮮の“暴走”は続いている。
 
 北朝鮮情報を扱う韓国のニュースサイト「デイリーNK」によると、8人は内閣燃油局長、南浦(直轄)市・順天市人民保安署長などの幹部。韓国のテレビ番組や女性の裸体が登場するCDを見たことが発覚したとして、平壌の金日成政治大学で銃殺されたという。
 「不法映像物が収録されたCDが出てきた場合、厳重な処罰を適用する」
 
 北朝鮮当局は猥褻な映像物の視聴に対し、処罰を下すとのこんな布告文を各地域に伝えたとされる。
 韓流ドラマなどを所持していると「労働教化刑を適用する」とあるといい、女性の裸が登場するような映像を視聴した場合も厳重処罰となるとの内容があるとされる。
 
 住民の不法な映像物の視聴を取り締まるために検閲グループ「109常務」という組織がつくられたとされる。
 ところが、この「109常務」の取り締まりの効果が思うほど得られなかったようで、携帯電話の電波探知などの訓練を受けてきた技術者の「国家保衛部27局」が中心的な活動をしているという。
 
 保衛部27局は、突然、住民らの住宅を訪れ、CDやUSBメモリーを調べ、不法映像物を捜査しているといい、少しでも疑いがあると即刻逮捕する。各地でUSBメモリーが発見され銃殺されたという話が広まり、住民らの間では恐怖の雰囲気が高まっているとされる。
 デイリーNKがこの情報を伝えたのは10月下旬。ちょうど前国防副委員長の張成沢氏失脚につながった直属の部下2人が処刑されたころだ。その後、韓国メディアは張氏の話題で持ちきりになったが、韓流ドラマやアダルトビデオの北朝鮮内での流通はまだまだ続いているようだ。以上 塩山敏之氏の論評・・・。
 

●ソウル発 名村隆寛
 野田佳彦前首相が名指しを避けながらも、韓国の朴槿恵大統領について「米欧に行っては女学生のような『言いつけ外交』をやって日本を批判している」と語ったことに、韓国メディアが猛反発している。
 発言は毎日新聞(10日付)に掲載されたインタビューの中でなされた。野田氏は「韓国トップ」とだけ表現しているが、韓国メディアは一斉に報道した。朝鮮日報(11日付)は東京発のコラムで「外向的欠礼のみならず、日本という国の性差別への認識レベルを反映させた」とし、「『言いつけ』という言葉は他人の過ちや秘密を告げ口することを意味し、どの国の辞書にも『女学生が話す言葉』との説明はない」と批判した。
 
 さらに、「慰安婦問題に対する日本の姿勢も女性に対する差別意識に根ざしているとみられる」と、“性の問題”に結びつけて非難した。
 中央日報(11日付)は朴大統領の外国首脳らとの発言を「日本に対し、正しい歴史認識を強調してきた」と形容する半面、「言いつけを日常的に行う存在として女性をさげすむ側面がある」と批判した。
 野田氏の発言に対し、韓国大統領府は現時点では公式見解を出さない構えだ。

<カレンダーへ戻る