<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

ソチ五輪出会い触れ合い若者の感動感謝の押し付けの場と (02月12日)(水)

 曇り 2−10度C 6時45分ー7時15分 散策 歩道の雪ほとんどなし、ただし道わきに残雪多し 8時 トーヨー 8時20分 区へ 10時 小宮氏 小林氏来訪要談 11時 坂東氏 藤本氏来訪要談 13時 古谷氏と要談 14時 イーストプレス役員会(イーストプレス(本社)
 

●東京都知事選は9日投開票が行われ、舛添要一元厚労相(65)が210万票以上を獲得して圧勝した。
 「原発ゼロ」を掲げた細川護煕元首相(76)は、元日弁連会長の宇都宮健児氏(67)にも及ばず、3位と大惨敗。開票開始と同時に落選確実となる瞬殺だった。
 細川氏を全面支援した小泉純一郎元首相(72)の「選挙に強い」という神通力は失墜したが、小泉氏の次なる一手とは。政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が核心に迫った。
 
 「これで小泉氏は終わりだな。小泉劇場はもう無党派層の胸を打たないということだ」
 自民党三役経験者は、私(鈴木)にこう言った。小泉氏は街頭演説で1000人から2000人を集めていたが、細川氏の得票は、舛添氏の半分にも届かなかった。確かに、都知事が最終目標なら「小泉氏は終わり」と言っていいだろう。
 だが、小泉氏や細川氏にとって「都知事選は降ってわいたようなもの。若くてリスクを取る候補がいなかったため、細川氏が出た」(細川氏側近)というのだ。
 
 小泉氏の深層にある思いをどう受け止めるかで、今後、自民党は大ヤケドすることもあり得る。昨年から、小泉、細川両氏と原発問題などを話し合ってきた民間の関係者がいう。
 「昨年10月、小泉氏と細川氏が会って、『原発ゼロという歴史的な仕事をしよう』と意気投合した。老政治家が人生最後に何かを成し遂げようという域に達した。そこに打算は一切なく、小泉氏は反自民でも親野党でもなかった。『安倍晋三首相が受け止めてくれれば一番いい』と思っていた。だが、安倍首相や自民党は理解せず、公然と小泉批判を始めた。あれが小泉氏に火を付けた」
 
 小泉氏は「安倍政権や自民党がダメなら、反原発勢力を結集した野党再編しかない」と決断。社民党幹部と会談したのもそのころからだ。
 そして、小泉氏は反原発勢力結集のリーダー探しを進めていた。その1人が、自民党の河野太郎衆院議員だという。小泉氏は昨年10月の講演で、さりげなく河野氏の名前を引用し、メッセージを送ったという。
 
 「小泉氏は『河野さんから反原発に関する本をもらって読んだが、素晴らしい内容だった』と語った。わざわざ河野氏の名前を出す必然性はなかった。講演で、個人名が出たのは河野氏の名前だけ。明らかに『ともに決起しよう』というメッセージだ」(前出の関係者)
 実はこのころ、細川氏も河野氏と密かに会っていた。河野氏はその後、自民党内で「脱原発」に関する提言をまとめる程度の地味な動きしか見せていないが、「小泉、細川両氏にとっては、河野氏が若いリーダーの大本命であることは間違いない。一層接触を図っていくだろう」(同)。
 
 もう1人、小泉氏の次男、進次郎復興政務官も無視できない。誰よりも被災地へ思いを寄せてきた進次郎氏は「反原発」(自民党福島県連幹部)であり、こちらの方は、細川氏が熱心に合流を働きかけるという。
 今後の戦略について、前出の関係者は次のように語る。
 「これからも原発立地県の知事選では候補擁立を図る。1年後の統一地方選挙では統一候補を立てる。リーダー探しも進め、国会では政界再編を仕掛ける。今回、勝手連ながら反原発勢力が結集できたのは大きい。今後、結集した各党や議員と勉強会などベースを作るはずだ」
 
 細川、小泉両氏の街頭演説に同行していた選対スタッフによると、小泉氏は終盤戦に向かうほど、鬼気迫る表情だったという。さらに遊説カーの中で独り言のように、こう話したという。
 
 「細川さん、本当に頑張った。次は俺も頑張らなきゃなぁ」
 何と、小泉氏自らが出馬するかもしれないと、におわせたのだ。このスタッフは「自民党は全力で潰しにきた。小泉氏を本気にさせた」という。
 最後に、細川、小泉両氏の腹心はこう語った。
 「小泉氏は何でもありだ。老政治家の『捨てるものがない』という覚悟と強さをナメちゃいけない」以上鈴木哲夫氏の論説・・・。著書に「政治報道のカラクリ」(イースト&プレス)」など多数。
 ■東京都知事選開票結果
 当2,112,979 舛添 要一 無新
    982,594 宇都宮健児 無新
    956,063 細川 護煕 無新
    610,865 田母神俊雄 無新(選管最終)
 

●韓国の趙允旋(チョ・ユンソン)女性家族相は11日、朴槿恵大統領に今年の業務計画を報告し、慰安婦の関連記録を2017年までに国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に登録する計画を正式に表明した。
 また、慰安婦関連の記念日制定を推進し、慰安婦問題をテーマとする映画などのコンテンツ制作を支援して国内外でこの問題への関心を高める方針を明らかにした。
 
 元慰安婦の女性が高齢化する中、慰安婦問題の早期解決に向け、政府としての取り組みを強化する姿勢を鮮明にした。
 業務計画には、米国や中国など海外にある慰安婦関連の資料調査を拡大することや、フランスのアングレーム国際漫画祭で韓国が展示した慰安婦問題を告発する漫画を、世界で巡回展示する方針も盛り込んだ。以上共同通信・・。

<カレンダーへ戻る