<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

伝統の南極捕鯨禁止さる国際司法裁判判決 (04月01日)(火)

 平成26会計年度初日 曇り 13−18度C 6時45分−7時15分 散策 8時 トーヨー 8時20分 区へ 9時 Vセンター事務局長来訪 安成さん 大野さん辞令交付 9時 監査委員事務局 宮山局長 倉崎 宇田川 綿貫氏の辞令交付 来客多し 11時 川瀬氏 13時 案件があって中山氏と要談 16時30分 三越 千鳥ヶ淵墓苑 靖国神社 18時 銀座ろくさん亭 
 

● 韓国国防省によると、北朝鮮は31日、韓国が黄海上の南北軍事境界線と位置付ける北方限界線(NLL)付近で実施した射撃訓練で、海岸部に配備した火砲や多連装砲など計約500発を発射し、うち約100発がNLLの韓国側海域に落下した。韓国軍はK9自走砲で約300発を応射した。
 
 NLLは朝鮮戦争休戦直後の1953年に国連軍が設定したが、北朝鮮は認めておらず、南北の衝突が度々起きてきた。韓国国防省報道官は「北朝鮮の射撃訓練は計画された挑発だ」と断定、「南北関係の主導権を握り、韓国軍のNLL衛の意志を試そうとした」と指摘した。以上共同通信
 

●中国経済の崩落が止まらない。不動産バブル崩壊が近づくなか、マンションの投げ売りに怒った事前購入者が暴れたり、破綻の噂が出た銀行で取り付け騒ぎが起こるなど、人民の暴発も相次いでいる。習近平体制は、「影の銀行(シャドーバンキング)」や地方政府の過剰債務などの改革を先送りする構えだが、貧富の格差は拡大し、人民の不満は高まるばかり。一触即発の情勢だ。
 
 新たなバブル崩壊懸念の発火点となったのが中国東部の江蘇省、無錫(むしゃく)市だ。3月下旬、同市の分譲住宅が大幅に値下げ販売したと報じられ、中国の株式市場で不動産セクターが一斉に売り込まれたのだ。
 2月には浙江省杭州市でも分譲マンションが大幅に値下げ販売され、事前に高い価格で購入した人が差額の返金を求めて殺到、モデルルームの模型を破壊した。
 
 江蘇省や安徽省、甘粛省、山西省などの中小規模の都市では、大規模開発で高層マンションが建設されたり宅地が整備されたりしたものの、ほとんど売れずに「鬼城(ゴーストタウン)」と化している。
 巨大都市の上海にもバブル崩壊の予兆は波及している。新華社によると、3月17〜23日の間、上海では分譲住宅の供給が29万平方メートルだったのに対し、販売面積は19万平方メートルにとどまるなど供給過剰で、値下げ圧力が強まった。不動産デベロッパーの資金繰りも悪化しているという。
 
 米ニューヨーク・タイムズ紙は、中国の家庭の総資産のうち不動産が約66%を占め、都市住民の87%が不動産を所有しているとの調査を紹介、住宅価格が下落すれば「彼らはとてつもなく激怒するだろう」という米大学教授のコメントを掲載している。
 もう一つの火種が銀行だ。江蘇省塩城市では、2つの地方銀行が破綻するという噂が広がり、預金引き出しを求める人が殺到する取り付け騒ぎが3日連続で発生した。
 
 ロイター通信によると、現地の警察当局は、銀行破綻の噂を広げたとして、26日に容疑者の身柄を拘束したという。当局は火消しに躍起だが、中国の預金者が銀行経営に不安を持つのは、何の根拠もないものとはいえない面もあるようだ。
 というのも、習主席と李克強首相ら政府首脳が全国人民代表大会(全人代)などで掲げた政策方針が銀行危機を引き起こしかねないのだ。
 
 「影の銀行」の膨張を抑制しつつ、経済成長率7・5%という目標を維持したが、大手シンクタンクのエコノミストは「中小企業が影の銀行から資金調達できなくなっており、7・5%成長を維持するために、政府は銀行にもっと金を貸せと指示を出すだろう。銀行貸し出しが増えれば増えるほど、潜在的な不良債権も増えてゆく」と警鐘を鳴らす。
 
 中国国内の貧富の差の拡大も人心不安に拍車をかけている。社会の所得格差を示す指標として知られるジニ係数は格差が小さいほど数値が0に近づき、大きいほど1に近づく。
 中国のジニ係数は改革・開放を開始した1978年の0・32から2000年は0・41へと悪化、13年は0・473と、国民の不満が高まるとされる高水準だ。
 
 数値の上では08年以降、低下傾向にあるのだが、アジア経済に詳しい企業文化研究所理事長の勝又壽良氏は「富裕層の所得が捕捉しにくいことや、保有する資産の格差についても考慮すると、実態の格差ははるかに大きい」とみる。西南財経大学の調査では、中国の55%の世帯には預金がゼロまたはゼロに近く、10%の世帯が預金全体の75%を占めているという。
 
 「共産党の一党独裁による社会主義市場経済という極めて特殊な中国の政策運営で、バブル崩壊を防ぎながら経済減速を切り抜ける方法が存在するとは思えない。貧富の格差はますます拡大し、人民による暴動に発展してもおかしくない」と勝又氏は語る。
 前出のエコノミストは「共産党と一般庶民の溝が修復できないほど広がりつつある」と語る。人民の不満は燎原の火のように広がりつつあるのか。

<カレンダーへ戻る
<前へ   次へ>