<カレンダーへ戻る
バックナンバー 

満開の八重桜咲く新宿御苑に人のあふれて桜も見えずに (04月12日)(土)

 快晴 10−20度C 6時30分 案件があって江田川氏 小三谷氏と要談 7時30分 家を出る 新小岩からJR 8時15分 千駄ヶ谷下車 歩いて新宿御苑千駄ヶ谷門から御苑内に入る 御苑にはすでに沢山人がいた 八重さくらが満開で中心の広場にいくと、9時に安倍総理が来て挨拶 一万四千人くらいの人だそうで超満員だ。山口公明党代表がいたが、遠くて人が多くて近寄れないので諦めた。 顔見知りの政治家の方に多く出会って声をかける。高橋母子と歓談。越智議員夫妻らと写真を撮る。大西議員夫妻や新藤総務大臣を初め多くの方々、米海軍太平洋艦隊のグレッグ大佐とも写真を撮る。
 
 10時20分過ぎに退席して好天の新宿の街を歩いた。タリーズですこし休んでからタクシーで有楽町へ出る。FCCJで昼食。図書室を見る。快晴20度 15時 帰宅。 遊んでばかりはいられず原稿を書く。「カレント5月号」「世相は波乱万丈」を書く。「編集後記」合わせても書く。
 

●STAP(スタップ)細胞の論文問題で、理化学研究所の調査委員会が、再調査するかどうかの判断材料として、追加資料の提出を小保方(おぼかた)晴子ユニットリーダーに要請していることがわかった。
 小保方氏の代理人の三木秀夫弁護士が12日、明らかにした。
 
 小保方氏は論文を不正と認定した調査委に対し、再調査を求めているが、体調不良で入院中のため、三木弁護士は「速やかに提出したいが、本人との打ち合わせが難しい。『時間的な配慮をお願いしたい』と理研側に伝えた」と語った。提出期限は示されていないという。

<カレンダーへ戻る